2020/3/15

「ひのきみ全国ネット首都圏」緊急事態法と君が代強制に反対する声明  X日の丸・君が代関連ニュース
  =ひのきみ全国ネット首都圏=
 ◎ 新型コロナウイルス対策のための特措法改定に反対すると共に
   教育現場への不当な支配に反対する緊急声明


 (1)新型コロナウイルスの感染拡大は世界的規模となり、パンデミックの状況となっておりより深刻さを増している。
 安倍政権は現行の「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(以下「特措法」)を改定して、新型コロナウイルス感染症を対象に追加する趣旨で法改定を急いでいる。3月13日にも国会で成立させる方向で準備が進められている。
 現行法は「新型インフルエンザ等」の名称となっており、「等」の解釈によって適用範囲が広がることが可能である。しかし、安倍政権はあえて現行法の改定に拘泥しており、政治的謀略が意図されている。
 現行法は既に、人権を侵害する要素を含んでいるが、この法は民主党政権時に成立したもので、これを土台に改定する場合、立憲民主党などの野党は反対しにくい性格であることにつけ込み、より人権侵害の要素の強い法案を成立させようとしている。


 元々「緊急事態」条項は、自民党政権が「改憲4項目」に挙げており、憲法改悪の主要点となっている。安倍政権は、新型コロナウイルスの感染に便乗して、国家の独裁体制を確立する憲法改悪の足がかりにしようとしているのである。
 したがって今回の「特措法」は、一旦新法が確立すれば拡大解釈を繰り返し、憲法改悪につながる状況が作り出されることが可能なのである。国会報告の付帯事項が付記されたとしてもこのような「特措法」の改定を許すことはできない

 (2)今回の「特措法」の改定は、現行法を「コロナウイルス」を対象とする法案に改定するというものだが、「緊急事態宣言」(第32条)によって自粛の「要請」に止まらず、国民の人権を侵害する法令化が行われることになる。
 第45条では「当該者の居宅又はこれに相当する場所から外出しないことその他の新型インフルエンザ等の感染の防止に必要な協力を要請することができる」「当該施設管理者等に対し、当該要請に係る措置を講ずべきことを指示することができる」としており、国民の私権が侵害されることが可能である。
 特に、第39条では、特定都道府県の公安委員会を管理下に置き、「警察官にあっては、当該応援を求め」ることができるとして、私権の侵害に警察権力を駆使することが認められている。
 また、今改定案では不動産の使用に関して、本人の承諾を得ることなく国家権力乃至地方自治体が使用することが明記されることになる。
 こうした国民生活の基本的人権が安易に規制される内容は許されない。

 立憲民主党は、事前報告の付帯事項を条件に賛成に回ることになった。しかし、同党の山尾しおり議員は「同法は事後報告だけで最長2年宣言可能かつ延長可能。チェック機能不全で期間も長すぎ。緊急事態法制として民主的統制が圧倒的に不足」と批判している(2020年3月9日デイリースポーツ)。
 この事実でも明らかなように改定法の欠陥が多く指摘され、議論が不十分なままなのである。

 (3)2月27日、安倍首相は突然に全国の小中高校などに春休みまでの臨時休校の要請をおこなった。政府の専門家会議に相談することもなく独断の要請であった。
 国民に対して何の説明もないことから批判が出され、同月29日に記者会見を行ったが、30分の時間制限で多くの記者からの質問を打ち切られる一方的な会見で終わった。
 この臨時休校によって教育現場は混乱し、子どもを持つ多くの家庭では家で一人で過ごす子どもの手当に困難を要する結果となった。

 学校から感染が蔓延するというのがその理由だが、実際には通勤などの大人の移動の方が感染に直接に関わることは明らかであり、「コロナウイルス対策の遅れ」の批判が政府に集中することへの弥縫策であることは明らかである。
 最も弱い教育現場を犠牲にして、政権の延命策に使われる手法は、教育軽視・教育統制に基づく措置であり許すことはできない。

 こうした教育現場を犠牲にするコロナウイルス蔓延の状況下にあっても、規模を縮小しつつも卒業式を実施しており、式辞などが文書で配布されても「君が代」斉唱は確実に実施するという国家統制の教育は続けられている。
 コロナウイルスよりも児童・生徒の健康よりも国家統制のための儀式を重視する安倍政権の教育施策は異常であり、許すことができない。
 今回の教育現場へのコロナ対策は、「日の丸・君が代」統制にみられる天皇制国家の支配と原理の延長線であり、私たちは、これを許してはならない。
 以上の趣旨からここに声明するものである。

2020年3月12日「ひのきみ全国ネット首都圏」
〈連絡先〉永井栄俊(090−7015−3344)



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ