2020/3/31

安倍を倒そう!(598)<大阪の仲間たちの闘い(3)集会・デモの成功>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 一時、集会場や公園の使用禁止に見舞われた集会とデモは、主催者らの粘り強い闘いで跳ね返し、昨日(3月28日)整然と行われ、成功しました。
 以下にその報告を紹介します。
 またその後ろに、コロナ問題で大阪で起きていることも紹介しておきます。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 昨日は、予定通り、2時から豊中市中央公民館で▲ 「モリカケサクラ瓜三つ 森友学園問題追及!4年目集会」を70数名の参加を得て、開くことができました。

 窓とドアを開け放し(換気十分!)席と席の間を離し、増田俊道さんの歌は中止してもらって集会のみ行いました。
 参加いただいた方々、お疲れさまでした。
 リレートークで発言していただいた方々、ありがとうこざいました。


 木村真・豊中市議は講演で、
 3月2日からの小中学校の臨時休校をテレビを見ただけで決めた。
 今の行政は、要請があれば、すぐ聞く。
 その延長で公民館も公園も使用できないようにした。
 おかしい。

 3/18 元・近畿財務局職員の赤木俊夫さんの妻が提訴された。
 「森友学園問題を考える会」は、すぐに大阪地検に起訴せよとの行動、近畿財務局前でのビラまき行動をおこなった。

 昨年10月に始めた「佐川宣寿氏の国会承認喚問をもう一度行ってください」との紙とネットの署名がこの1週間でぐぐっと伸び、ネットでは8万をこえ9万人になろうとしてる。
この署名を4月8日、衆・参議長に提出するために国会に行く、財務省前で集会をやる
 と言われた。

 休憩をはさんで、たくさんの方々がリレートークでマイクをにぎられた。
 多くの方が、公民館や豊島公園の使用禁止をうち破って、集会が開かれデモが行われる意義を強調された。

 また、提訴された赤木俊夫さんの妻の方の無念・くやしさ・悲しみを受け止めて、森友学園問題追及!へ向けて闘うと発言された。

 闘いは続きます。みなにさん、ともに闘いましょう。

 山田肇

Blog ブラックボードに義 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ▲ (D-TaCの松田幹雄さんからです)

 所属組合(教職なかまユニオン)のILO・ユネスコ合同専門家委員会(CEART)要請団の一員として、3月15日、スイス・ジュネーブで直接の要請行動を行ってきました。
 直前にWHOがパンデミックを宣言するという状況の中で、CEARTの担当者オリバー・リャンさんとのホテルからのスカイプ会議、および、資料をILO事務所に届ける行動という形になりましたが、熱意は伝わったものと思います。

 私に関する要請内容について、D-TaCブログに掲載してもらったので、ご覧ください。
https://democracyforteachers.wordpress.com/2020/03/24/

 3月12日(金)の夜に関西空港を発ち、3月17日(火)の夕方、関西空港に帰ってきました。
 帰国の日に、新型コロナウイルス感染症対策専門家委員会が欧州からの帰国者の2週間の待機を要請する方針を出したことを知りました。この状況の中では、電車で学校に通勤するのはやめた方がいいだろうと考え、3月18日朝その旨を管理職に伝えました。
 管理職は、勤怠について教育委員会に問い合わせてみるということでした。組合にも動いてもらって、コロナ感染症防止の観点からいろいろな特例措置が講じられている中で、この場合は自宅勤務が認められるべきと訴えてもらいました。
 しかし、3月19日(木)に伝えられた、「検討した上で」とした市教委の見解は、「欧州からの帰国者に対する措置は3月21日以降の帰国の場合であり、この場合(私の場合)は対象とならないから通常勤務。後は校長権限の範囲内で考えてもらうしかない。」というものでした。
 それで、管理職と相談の上、校長権限でできる承認研修の扱いで3月31日まで自宅での研修となっていました。
 計画書も出し、それで動き始めていたところ、3月24日(火)に突然、市教委が「自宅での研修は認められない」と言ってきたとのことです。
 管理職は、職場での働き方についてはこう配慮するという案を示しましたが、通勤についてはどうしようもないということでした。
 コロナ感染症防止の観点からは明らかに不適切な電車での通勤をするわけにはいかないと、出勤はしていません。
 年休はすでにないので、現在は欠勤の状況です。
 組合とも相談し、3月24日夜、私は、学校長に「お願い」という文書を送り、「通常勤務しかない」という市教委判断について、大阪市のコロナ感染症対策本部長・松井一郎市長の判断を求めたいと要望しました。

 ※ 組合からも、要請書を出してもらっています。
https://www.nakama-kyoiku.com/大阪府-大阪市教育委員会への要求書/

 ※ この現状がおかしいことを訴えるために以下のようなツィッター発信もしました。
https://twitter.com/X1CDnLE9HXb5q1J/status/1242945607687262209
 3月17日にヨーロッパから帰国した大阪市立学校教員が自宅勤務を認められず、電車で出勤するよう強要されています。松井市長の判断を仰ぎたいという「お願い」は松井市長まで届いていません。

 ※ 至急の要請 3月25日
https://nakama-kyoiku.com大阪府-大阪市教育委員会への要求書/

 とにかく、3月17日から2週間となる3月31日までは出勤せず、この間の勤怠の扱いはどうするんだと市教委・松井市長に問うていきたいと思っています。

 結果については、また、報告するようにします。

 来年度は、再任用最後の年度になりますが、勤務校は現認校のままということになりました。
 以上、近況報告でした。

=======================
安倍、小池のコロナ感染無策糾弾!
都教委の「君が代」不当処分糾弾!
◎ 4・1<都庁前行動>と<新宿駅東南口街宣行動>

========================

 <日時・場所など> 2020年4月1日(水)
 16:00〜17:00 都庁第一庁舎前
(2F正門前)の路上
    この間に、抗議要請文を小池都知事と都教委に提出します。
 17:30〜18:30 新宿駅東南口

 <スローガンなど>
   (不十分な点があると思いますがとりあえず)
  ・安倍、小池のコロナ感染無策糾弾!
  ・早急に医療体制を整えろ!
  ・仕事と生活を危機に陥れる「緊急事態宣言」反対!
  ・都教委の「君が代」不当処分糾弾!
  ・都教委は勝訴した根津さんを上告するな!
  ・コロナ感染防止より「君が代」斉唱第一の都教委糾弾!
  ・さらなる負担をしいる東京五輪は中止せよ!


 状況が刻々と変化して行きますので、取り組みやスローガンが変わるかもしれませんが、黙っているわけには行きません。お集まりください。

 ==================
  【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
 ==================
  東京五輪に 【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
 ==================
  対米従属で「世界征服」を夢想するデマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
 ======================

*********************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
 http://houinet.blogspot.jp/
「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
 http://hinokimitcb.web.fc2.com/
「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト

 http://hinokimi.


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ