2020/4/29

宮殿で犬と遊ぶ『ルイ16世』みたいな指導者は『緊急事態』には全く使いものにならない  ]平和
 ◆ 「人文知」軽視の政権は失敗する
   〜藤原辰史さん寄稿
(朝日新聞)


 皆様 こんにちは。増田です。これはBCC送信しています。重複・長文、ご容赦を!
 アベ首相&コイケ都知事「五輪やりたさに無為無策で感染者数隠し」した結果、拡大したコロナ禍の中…日本の場合は完全に人災でしょう…「『花見している』と110番通報」とか、「感染者の出た大学に脅迫電話」とか、気が滅入るニュースばかりの昨今ですが、いかがお過ごしですか?

 私は、先日、恐れていた雪崩を起こしてしまった積読本(笑)の制覇に精を出しています。実は「イベント全て中止の期間に読書と断捨離」を目標としたのですが後者は年頭の目標「今年こそ、日付が変わらないうちに就寝」同様、全くダメ(笑)です。
 さて、朝日新聞購読者にはもう読まれたかと思いますが、本日朝刊の件名寄稿文、とっても良かったです!


 ここ数年の朝日新聞記事には「産経新聞かよっ!?」って感じの記事が多くなって、ウンザリしていましたが、この藤原先生の寄稿とその裏面の一面を使った「大林監督から平和のバトン」記事は久々に、たいへん読みごたえがありました!

 朝日をとってない方に、有料会員記事ですが、無料会員登録で読めます!(ただし、1日一本だったか)ので紹介します。
https://digital.asahi.com/articles/ASN4S5V0DN4PULZU02H.html?pn=5

 「宮殿で犬と遊ぶ『ルイ16世』の思考はずっと経済成長や教育勅語的精神主義に重心を置いていたため、危機の時代に使いものにならない。」 ズバリ! ですよね…

 私は、それに以下を付け加えたいです。
 「カネと血統書の力と屁理屈コネ能力だけで、日本国の内閣総理大臣になれて…それも歴代最長なんて日本人民の恥辱の歴史を作り…65歳児の今に至るも額に汗して働いたことは一度も無く、苦学したことも無く、およそ弱者への想像力は一片も無く、責任感も全く無く、『緊急事態』には全く使いものにならない

 この内閣や、五輪のために無為無策のダンマリを続けていて、五輪延期となるや税金をふんだんに使ってテレビに出て「コロナ対策の旗手」?とばかりに都知事選のために顔を売るコイケ都知事では、全く感染拡大を抑えることはできないでしょう。

 藤原先生は結論として
長い時間でものを考えないから重要なエビデンスを見落とし、現場を知らないから緊張感に欠け、言葉が軽いから人を統率できない。アドリブの利かない痩せ細った知性と感性では、濁流に立てない。コロナ後に弱者が生きやすい『文明』を構想することが困難だ。

 危機の時代に誰が誰を犠牲にするか知ったいま、私たちはもう、コロナ前の旧制度(アンシャン・レジーム)には戻れない。」
 と書かれていますが、「危機の時代に誰が誰を犠牲にするか」を朝日も含めてマスメディアがきちんと報道しないまま、今なお4割もの人が…信じられないのですけど…アベ内閣を支持する悲惨な状況では、結局、「コロナ前の旧制度(アンシャン・レジーム)には戻れ」ちゃうのではないか、と悲観的です。

 「大林監督から平和のバトン」は以下です。ただ上記を読めば無料会員は本日は読めませんので明日にでも、どうぞ!
https://www.asahi.com/articles/DA3S14456721.html?iref=mor_articlelink01

 この記事の東ちづるさんの寄稿も、とっても良かったです!
「私は『平和』とは『戦争』をしていない状況というだけではなく、その人がその人らしく自分を大切にして生きられる状態であることだと思っています。どんな人も基本的人権がちゃんと守られていてこその『平和』だと思うのです。」
「『平和』は脆いものですから。祈ったり願ったりではなく、私たちの頭で考え、私たちの手でつくっていくものですから。」




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ