2020/7/15

世界最大のコロナ感染国米国から毎日ノーチェックで出入国を許している在日米軍基地  ]平和
  =沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動〜 草の根ニュース=
 ◆ 今の日本政府は、米軍コロナに対して日本沖縄全土にマスクをつけることすらできない!
   米軍、コロナ感染情報提供拒否!


 いま日本沖縄国民(以下、日本国民と略します)は、コロナウイルスの感染を防ぐために、みな、マスクを着用して、不便をしのいで生活しています。政府や自治体の要請に応じて、「自粛」しています。毎日新しい感染者数が都道府県ごとに発表されています。
 しかし、米軍は、米軍人のコロナ感染者数の発表を「作戦行動の秘密保持のため」と称して、発表を拒否しています。
 日本沖縄には米軍軍人が合計56,118人駐留していることになっています。
 内訳は、海軍20,846人、海兵隊20,475人、空軍12,140人、陸軍2,657人です。(出所:米国防総省国防人員データセンターホームページ)
 ほぼ同数の軍人家族などの軍属を合わせれば、約10万人の軍関係米国人が、日本沖縄領域内に入国しています。


 ◆ 世界最大のコロナ感染国米国の軍隊米軍の日本沖縄出入国は勝手放題

 ところが、これほど多数の米国人が、全く日本政府のチェック抜きで、その一部は毎日出入国しています。
 そして、基地に、ノーチェックで入国した米軍人は、またノーチェックで、基地の外つまり日本国の市街地を含む全領域に自由に出入りしているのです。

 日本政府は、恥ずかしげもなく、「日本国内の米国人の人数は把握していない」、と述べています。
 米国に対しては、「日本に国境はない」のです。(矢部宏治『知ってはいけない一隠された日本支配の構造』(講談社現代新書)第3章「日本に国境はない」)


 ◆ 日本沖縄は、米軍(国)の属国以下か!
   米軍の日本沖縄全土の勝手使用は、1945年の軍事占領以来75年続く


 実は、「在日米軍」という概念すら便宜的なもので実在ではなく固定的なものでもないのです。
 「全世界の米軍」は、どこの米軍であろうと、日本沖縄領域にいつでも自由に出入国しており、作戦行動を行っているのです。
 まさに、日本沖縄は、1945年の米軍進駐以来75年間、全領域全領土が自由に使用できる「世界米軍」による主権侵害と戦争の、世界で最も大きな占領地として米軍基地=不沈空母になっているのです。

 なお、沖縄県に米軍基地の70%があるなどと沖縄県民を始め、多くの日本人が信じ込まされている数字は、完全な虚偽です。
 全世界の米軍の3分の1が日本沖縄に集中し、その多くが沖縄県に集中しているという日本沖縄への「米軍基地集中の2重構造」(世界の中での日本沖縄への、日本沖縄で沖縄県への2重の集中)を理解しなければなりません。
 その現実に立って、沖縄県民と本土の人びとは、連帯という生易しいものでない一体になった闘いを作り上げていかなければなりません。

 以下に、米軍のコロナ感染に関する新聞社説やニュースを掲載します。


 ◇ 渉外知事会【新型:コロナ】米軍基地感染、積極公表を国に要請

 米軍基地を抱える15都道府県でつくる渉外知事会(会長・黒岩祐治神奈川県知事)は2020年5月27日、在日米軍基地での新型コロナウイルスの感染状況について、積極的に公表するよう米側に働き掛けることなどを国に求める緊急要請を茂木充外相と河野太郎防衛相に行いました。
 要請書によると、米国防総省が3月に示した米軍関係者の感染情報の公表に関する統一的な指針では、個別事例の詳細な公表は米軍の運用に影響を与える恐れがあるとして行わない方針としています。
 これに対し、基地周辺に影響を及ぼす可能性がある感染状況などは米側と調整し、積極的な公表や感染防止対策の強化を働き掛けるよう求めました。
 米軍普天間飛行場(沖縄県)から有害物質を含む泡消火剤が流出した問題についても、国内の各基地における同様製品の数量や管理状況を調査、公表することなどを要請しました。

『〜沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動〜 草の根ニュース』
(2020年6月28日 第114号)

 本部(東京):〒150−0042東京都渋谷区宇田川町19−5山手マンション1001
 電話・ファックス:03−3461−5758090−4175−2010(平山基生)
 メール:kusanone@wond.ocn.ne.jp
 ホームページ:http://www.kusanone.org
 郵便振替口座:00190−5−611535 沖縄・B本から米軍基地をなくす草の根運動



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ