2020/9/9

Gender Gap Index、世界2位のノルウェーと、世界121位G7最低の日本は、何が違うか  \増田の部屋
 ◆ 三井マリ子『さよなら! 一強政治』(旬報社)お勧め!
クリックすると元のサイズで表示します

皆様 こんにちは。増田です。これはBCCでお知らせしています。重複・長文ご容赦を!

 出版されたばかりの三井マリ子『さよなら!一強政治 徹底ルポ 小選挙区制の日本と比例代表制のノルウェー』(労働旬報社 1700円+税)を読みました。
 読みながら、何度も何度もため息が出てしまいました。我が日本の男女不平等の現実に情けなくて、ため息が出、ノルウェーの政財界における男女平等の現実が羨ましくて羨ましくて、ため息が出…

 なにしろ「ジェンダーギャップ指数2019、日本は過去最低を更新し121位、G7最低 男女平等はまた後退」(ハフィントンポスト NEWS 2019年12月17日 08時01分JST| 更新2020年06月25日)というのが、我が日本


 …1位はアイスランド、2位はノルウェー。

 内閣府男女共同参画局総務課で具体的な情報を見ると、以下でした。
http://www.gender.go.jp/public/kyodosankaku/2019/202003/202003_07.html
 「世界経済フォーラム(World Economic Forum)が2019年12月、『Global GenderGap Report 2020』を公表し、その中で、各国における男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数(Gender Gap Index:GGI)を発表しました。この指数は、経済、政治、教育、健康の4つの分野のデータから作成され、0が完全不平等、1が完全平等を示しています。各分野におけるスコアと順位は、次のとおりです。」
クリックすると元のサイズで表示します

 この政治分野スコアに歴然としていますが…「完全不平等0」に近い!?…三井さんは、この根本原因に政治を見ます。
 当然ですが、差別をなくすための政治が為されなければ、差別がなくなることはないのです。
 21世紀のこの日本で、全自治体の約20%が「女性議員ゼロ議会」!?
 「ノルウェーは、国会議員の41%が女性だが、日本の衆議院に占める女性議員の割合はわずか10%そこそこで、これは世界193か国中166番目だ」(P35)

 なぜ、我が日本はこんなにも情けない状況であるのか…それは、選挙制度!!! 民意を正確に反映しない…つまりは民主主義の根幹を崩す…小選挙区制度が1994年1月29日、不可解な経過をたどり、社会党のわずかな造反議員と共産党議員の反対のみで成立してしまったからです。

 私は当時、普通の(笑)教員だったのですが、「ええ〜っ? なんで? 確か、参院では否決されたはずでしょ? えっ? えっ? えっ?」という感じでいるうちに、膨大な死に票が出て、偽りの多数派が、さも民意を得て政権を握ったかのような雰囲気を作り出す小選挙区制が既成事実となって猛威を振るい続けました。

 そして、アベノ私物化政治の8年間余…スガ政権となったとしても、代わり映えするはずもない…があり、女性差別は解消するどころか、ますます広がっています。

 三井さんのこの新刊は、日本でも小選挙区制をなくして民意を正確に反映する比例代表制選挙をしない限り女性差別はなくならない事を示しますが、それが実現した場合のモデルを具体的にノルウェーの女性たちへの豊富なインタビューを通して示してくれます。

 ルポですから、とても読みやすく分かりやすく、おもしろいです!購読をお勧めします!

 それにしても、松浦大悟さんって、こ〜んな人だったのかぁ…これも「政党交付金」というカネの魔力なのかなぁ…ご興味を持たれた方! ぜひ、本書を手にとってください!

タグ: 増田都子


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ