2020/11/3

セクハラ町長による女性町議リコール運動への反対署名を!  \増田の部屋
皆様
 こんにちは。増田です。これはBCCで送信しています。重複、ご容赦を!
 草津町議会(定員12名)の唯一の女性町議である新井祥子さんは、町長のセクハラを公表したために、今、町長が先頭に立ってのリコール運動に晒されています

 河村たかし名古屋市長が先頭に立って、「あいちトリエンナーレ」で憲法に従って当然の行動をした大村秀章愛知県知事のリコール運動をしたりと「主権者である住民」の権利を私益(私怨?)のために公人が振り回す等、今の日本はメチャクチャです。

 ぜひ、以下、クリックしていただき、こんなセクハラ町長の私益(私怨?)の為の女性町議排斥リコール運動への反対を、お願いします。

 ◆ 《Change.org》町長の圧力による女性議員の排除(リコール)を防ぎ、日本の湯・草津町に本当の民主主義を!!



 発信者:新井 祥子 宛先:草津町の皆さま
 We call for democratic revival in Japan’s most famous hot springs town of Kusatsu to stop the mayor’s plebiscite to remove a female councilor!


 私、新井祥子(草津町で唯一の女性議員です)は昨年、温泉で有名な群馬県草津町の黒岩信忠町長からの性被害やハラスメントを告発したところ、町議会において、「町長に不快の念を抱かせ」「議会の品位を落とした」として、「除名」という懲罰処分を下されました。
 私はすぐに群馬県に不服申し立てをし、その結果、今年の7月、山本一太県知事は「この除名処分は『違法』である」とし、除名処分を取り消すとの判断を下しました。

 しかし、町長や町議会議長をはじめ、私に懲罰を科した議員たちは、審査が「十分ではない」として、県知事の出した結果を不服とし、私のリコール運動(解職運動)を始めました。なにがなんでも私を辞めさせなくては、という意図だと考えられます。

 リコール制度(直接請求運動)は、戦後、「地方自治の運営が、常に民意に基づき行われ、住民の自治的な監視が行われることにより、自治の発達に大いに寄与するものとして導入された」ものです。主人公である住民が主体となって意思を決定できる意義のある運動の一つです。

 しかし、草津町のこのたびのリコール運動を主動しているのが町長や議員であるということは、この住民運動の理念から逸脱する大きな問題だと私は考えています。
 第一に、町長・議員が主導というだけで、一般町民には圧力と感じられるからです。
 第二に、町長や議員の多くは社長や旅館の主人など雇用主や上司であり、彼等は直接間接的に町民の生殺与奪権を握っているからです。
 署名を依頼されて断れる人が何人いるでしょうか。

 私は日々、圧力を受けております。
 除名(クビ)、裁判、資格審委員会設置、盗撮、議員報酬仮差し押さえ(兵糧攻め)、誹謗中傷チラシの全戸配布、などなど。
 私がされていることを見聞きすれば、「町長に逆らうとこうなる」と怖くて署名を断ることはできないと思います。

 そのような状況の中、10月16日に過半数以上の署名が集まったとして、12月6日に住民投票(11月16日告示)が行われることになりました。

 私は、この住民投票を、不当なリコール運動に「NO」、黒岩独裁政治に「NO」を突きつける投票にしたいと覚悟を決めました。

 住民投票は普通の選挙と同じく、投票所に行き、賛成か反対かを投票し、その票の多さで結果が決まります。町民の皆さんには、できるだけ投票に行っていただき、反対票を投じて欲しいと思っています。

 そのためには、日本中、いや世界各地の人々が「このリコールはおかしい!」「草津町の町政はおかしい!」と考えていることを、草津町の人たちに、知っていただく必要があります。

 どうか、このリコールに疑問を感じる人、理不尽で不当と思う方は、署名をしていただけたらと思います。町の中にいたら、恐怖で縛られ、何が真実かわからなくなってしまうのです。

 どうか、草津町で民主主義が行われるよう、「このリコールにNo!!」と思う方は、署名にご協力下さい。なにとぞよろしくお願いします。

 新井祥子(草津町議会議員)

 Last year, when I, Shoko Arai, the only female councilor in the Japanese town of Kusatsu, publicly accused Nobutada Kuroiwa, the mayor of Kusatsu, famous for its hot springs, of sexual harassment and sexual violence, the town council punished me by expelling me from the council for ‘bringing the mayor’s name into disrepute’ and for ‘injuring the dignity of the council’. I immediately lodged a complaint with the Gunma Prefectural Government, and, as a result, in July this year, the prefectural governor, Kazuta Yamamoto, ruled that my expulsion was illegal, and it was rescinded.

 However, Kuroiwa, along with the chairman of Kusatsu council and the other council members who had imposed the original punishment on me, disagreed with the prefectural governor's decision, arguing that his review was ‘inadequate’. These men, who want me gone at any cost, have now launched a plebiscite to remove me.

 The plebiscite mechanism they are using is an administrative process introduced to Japan after the Second World War for the purpose of ‘fostering the development of local self-government by ensuring its operation according to the will of the people, with monitoring by the people who determine its oversight’. It is an important mechanism that allows the Japanese people to make decisions on their own initiative.

 However, rather than Kusatsu residents, the mayor and his councilors initiated the petition that was required to launch the plebiscite for my removal. This goes against the principle of citizen self-government. It is an authoritarian initiative, not only because the mayor and his councilors are leading the charge, but also because most of them are local CEOs, hoteliers, and employers, which means local townspeople are doubly under pressure to cooperate. How many of us could say no to a CEO or boss when he asks us to sign a petition?

 In the meantime, they are putting me under pressure in various ways. Every day I face expulsions from the chamber, court hearings, appearances at credentials review committees, spy-cam filming, provisional reductions of my councilor salary, and slanderous flyer drops. If people saw what was being done to me, they definitely would not refuse cooperation with the mayor?knowing what happens to those who dissent.

 It was confirmed on 16 October that the petition had attracted the required number of resident signatures, and so a plebiscite to remove me is now scheduled for 6 December 2020.

 This plebiscite must deliver a no-vote against my removal, and a no-vote against Kuroiwa's dictatorship.

 The procedure of the plebiscite is not different from that of a normal election, and so Kusatsu residents will go to the polls and vote for or against the proposal to remove me, and the outcome will be determined by the number of votes cast. I want as many of the town's residents as possible to go to the polls and vote against the proposal.

 In order for this to happen, I want the people of Kusatsu to know that people, not only in Japan but around the world, believe that this attempt to remove me from the council is not right, and that there's something wrong with democracy in the town of Kusatsu!

 Please, if you have any doubts about this proposal to remove me, or if you think it is unreasonable and unfair, I hope you will sign this ‘change.org’ petition. Kusatsu residents are fearful, and no longer know what the truth of this situation is.

 Please, please sign the petition if you believe that we should have the right kind of democracy in Kusatsu, and if you agree that the vote should be a ‘no’ to my removal!

Shoko Arai, Kusatsu Town Councilor

☆ 今 す ぐ 賛 同


タグ: 増田都子


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ