2021/1/24

都教委要請(2021.1.21)再処分当事者  X日の丸・君が代関連ニュース
◎ 要 請 書

2021年1月21日
東京都立石神井特別支援学校教員 田中聡史
 東京都教育委員会教育長 藤田裕司 殿

◎ 2020年12月25日発令の「戒告処分」に抗議し、処分の撤回を要請します。

 昨年12月25日金曜日は終業式でした。正午、副校長から校長室に来てほしい、と言われました。
 昼前に児童を無事に下校させ、疲れ切った体で教室の掃除と消毒をしている最中の呼び出しでした。
 校長室に人ると、中には校長の他に背広をきた男性(彼らは何の挨拶も自己紹介もしませんでしたが、おそらく教育庁の職員だと思います。)が2名おり、私に対して処分を発令しました。
 内容は、戒告処分2件でした。
 新型コロナウイルスの影響で長かった2学期を終え、教育行政から労いの言葉の一つくらいかけられてもよい時に、抜き打ちのように再処分とは、一体どういうことでしょうか。


 これまで一昨年12月、昨年3月と7月の計3回、「2013年3月と4月の卒業式入学式での不起立に関して改めて事情聴取を行いたい」との打診がありました。
 昨年7月27日に、私は「『日の丸・君が代』不当処分撤回を求める被処分者の会」による都教委要請行動に参加し、「私は、代理人弁護士の立ち会いを認めてくださるのであれば、『事情聴取』を受けたいと考えています」「代理人弁護士の立ち会いを認めてください」と要請しました。
 それにもかかわらず、東京都教育委員会は、結局「事情聴取」すら行わず、突然、戒告処分を発令しました。
 この戒告処分は2013年3月と4月の卒業式人学式での不起立に対して出されたものです。
 2019年3月に東京「君が代」裁判第四次訴訟の最高裁決定で、それらの不起立に対して出されていた減給処分を取り消された後、1年9ヶ月後に改めて出された、いわゆる「再処分」です。
 上記の減給処分は、「裁量権の逸脱乱用である」と裁判所に断罪され、取り消されました。しかし、東京都教育委員会から私に対する謝罪は未だに行われていません。
 この戒告処分はあまりにも不当です。東京都教育委員会は、12月25日に私に対して出されたこの2件の戒告処分を、今すぐに撤回してください。併せて、「裁量権の逸脱濫用である」として裁判で取り消された減給処分について、謝罪してください。

 <要請事項>
1.2020年12月25日に私に対して出されたこの2件の戒告処分を、今すぐに撤回してください。

2.「裁量権の逸脱乱用である」として裁判で取り消された2件の減給処分について、謝罪してください。

3.いわゆる「10・23通達」を撤回し、教育現場に「日の丸」や「君が代」を押し付けることをやめてください。

4.この要請書を教育委員会で周知してください。
 <連絡先> 田中聡史 住所;
 <回答期限> 2021年2月18日(木)。文書でご回答ください.


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ