2021/5/4

あるくラジオ第16回「君が代不起立を貫いてー根津公子さんに聞く」  X日の丸・君が代関連ニュース
 佐々木です。あるくラジオ第16回のご案内です。
 今回のゲストは、元中学校教員の根津公子さんです。
 「君が代」不起立のこと、裁判のこと、教育をめぐるさまざまなお話を伺う予定です。
 ぜひお聴きください。

 ◆ あるくラジオ第16回放送「君が代不起立を貫いてー根津公子さんに聞く」
   2021年5月8日(土)午後2時〜3時
   以下のサイトから配信します。

https://aruku-radio.jimdofree.com/

 ◆ ゲスト 根津公子さん(元中学校教員)
 ◆ パーソナリティー=しまひでひろ/ささきゆみ


 今回は今年の2月、「君が代」裁判で勝利判決が確定した元教員の根津公子さんをゲストにお迎えします。
 根津さんはたった40秒の不起立で、6ヶ月間賃金無し、授業もできないという過酷な停職処分を三度も受けました。免職の危機は何回もありました。
 にもかかわらず、根津さんはなぜ不起立を続けたのか。その思いを伺います。


 また「日の丸・君が代」強制にはどんな背景があるのか、教育現場から見えたものをお聞きします。
 東京ではコロナ禍で飛沫感染の恐れがあった昨年の卒業式でも、「国歌斉唱」が強制されました。さすがに今年は「国歌静聴」になりましたが、起立は強制されています。
 「日の丸・君が代」が当たり前になってしまった学校現場、そして社会。もう一度根津さんと一緒に考えてみませんか。

 ※ 配信スタジオ ビデオプレス
 ※ 放送後はアーカイブで、いつでもお聞きいただけます。
https://aruku-radio.jimdofree.com/
 ※ お問い合わせ・ご感想などは、mgg01231@nifty.ne.jp に寄せください。

 <過去の放送一覧>
第1回  動き出した若者(ゲスト 依草太)
第2回  原発労働者はいま(ゲスト あらかぶさん)
第3回  高校生は自由を求める―東京の学校はいま(ゲスト 高校生/永井栄俊)
第4回  いまの日本、いまの世界(ゲスト 太田昌国)
第5回  切り捨てられる北海道―JR民営化30年後の末路(ゲスト 黒鉄好)
第6回  朝鮮学校ってどういうところ? いま何が起きているの?(ゲスト 森本孝子/ソン・ファスク)
第7回  記憶こそが民衆の武器(ゲスト 池田恵理子)
第8回  パラリンピック、文学そしてネット(ゲスト 大西赤人)
第9回  そそのかしたものの正体(ゲスト 北村小夜)
第10回  今こそ川柳の出番です(ゲスト 乱鬼龍)
第11回  時代に挑み、時代と生きる(ゲスト 木下昌明)
第12回  地域をつなぎ社会をカエル(ゲスト 片山かおる)
第13回  映画『アリ地獄天国』に込めた思い(ゲスト 土屋トカチ)
第14回  国鉄闘争とは何だったのか?(ゲスト 森健一)
第15回  自由を追うアクティビス(ゲスト 根岸恵子)



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ