2021/8/2

先生になることを断念した大学四年生の投書  ]Vこども危機
  【発言=若者の声(『東京新聞』)】
 ◆ 教師の道を諦めた
大学生 内尾真優子 22 (東京都大田区)

 私は大学四年生で教職課程を履修している。教育実習にも出向いた。
 しかし、教員採用試験は受けず、民間企業に来春入る予定だ。
 教壇に立つ父の姿に撞れ、本当は教師になりたかった。
 なぜ、教員採用試験を受けなかったか。

 それは、文部科学省が教員に仕事の魅力を会員制交流サイト(SNS)で発信してもらおうと募集した「#教師のバトン」プロジェクトの投稿を読んだからだ。
 投稿は現役教員たちの苦しみに満ちていた。こんな世界で働ける気がしないと私は教師の道を諦めた。


 教育実習に参加していた同級生十人弱のうち、教員採用試験を受けたのは一人もいない
 教育は聖域だ、と大学の先生は語っていたが、それは労働基準法が存在しないから、という意味だったのだろうかと今では思う。

『東京新聞』(2021年7月30日【発言=若者の声】)



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ