2021/10/16

明けない夜はない(84)<雨降って地固まる:市民と野党の共闘前進>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 政治の私物化とアベノミクスによる格差拡大を広げたアベ首相は、昨年8月政権を投げ出した(二度目)。アベ政治の継承を掲げたスガ首相は、コロナ下での東京五輪を強行したが、感染爆発と医療崩壊を引き起こし、五輪終了直前の今年9月3日退陣を表明した。
 いずれも自民党政権の行きづまりを表していた。

 その後、「このままではいけない」とアベの政治私物化やアベノミクスを批判していた岸田氏が「新しい資本主義」なるものを掲げて10月4日に首相になった。そうして「ボロ」が出ないうちにと、急遽、▲ 本日(14日)衆院解散、31日投開票という戦術をとった。

 しかし、わずか10日も経たないうちに、「ボロ」が出るどころか、「化けの皮」が尽くはがれてしまったようだ。そして「第三次アベ・スガ政権」などと呼ばれる始末である。


 そうした中、本日18:00〜19:00、新宿駅東南口で、▲ 「総がかり行動実行委員会」主催の宣伝活動が行われた(55人参加)。
 そこでは、多くの方が岸田氏の姿勢後退・変質について強く批判した。

 一方、野党候補の一本化が進みつつあることも報告された。
 8区の杉並1000人委員会のHさんは、この間の8区の混乱について触れ、吉田はるみさんに一本化できた教訓として「ねばり強く活動を積み重ねてきた市民の力があったから、いち早く行動できた。これまでの積み重ねが希望をもたらした。<雨降って地固まる>となった」と語った。

 また、共同センターのTさんは、「野党は200選挙区で候補1本化がなされた。選挙で勝利し、新しい政権を誕生させよう。」と述べた。

 さらに、21区(日野、立川、国立、国分寺など)では野党統一候補を立てるために2年有余やってきて大河原雅子さんに一本化できたことが報告された。
 報告者(三鷹市議のSさん)は都立病院の独立法人化にも触れ三多摩地区などには400万人の人口に都立病院は一つしかないとも述べ、「自公政治はもう沢山だ。」「10月31日は歴史的な日にしよう」と締めくくった。

 2015年の戦争法反対の闘い以来、市民と野党の共闘が堅持されてきた。
 そして今回、8区の混乱を解決したのは市民の力だった。
 他の選挙区でも軋轢が生じた挙句、同じようなことが起きているのではないだろうか。であればそれは、きっと明るい兆しであろう。

 ==================
  【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
 ==================

*********************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
 http://houinet.blogspot.jp/
「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
 http://hinokimitcb.web.fc2.com/
「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト

 http://hinokimi.
  http://hinokimi.web.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ