2007/12/31

教職員の病気休職  Y暴走する都教委
 ◆ 教職員の病気休職 61%が精神疾患 14年連続で増加

 二〇〇六年度に病気で休職した公立の小中高校などの教職員は、前年度より六百三十八人増えて七千六百五十五人に上り、このうち、うつ病など精神性疾患による休職は61%を占める四千六百七十五人(前年度比四百九十七人増)だったことが二十八日、文部科学省の調査で分かった。いずれも過去最多を更新した。
クリックすると元のサイズで表示します

 十四年連続の増加となり、歯止めがかかっていない精神性疾患による休職について、文科省は「仕事の多忙化、複雑化に加え、保護者や同僚らとの人間関係など職場環境が厳しくなっていることが背景にあり、対策を急ぎたい」としている。


 〇六年度に懲戒処分や訓告など何らかの処分を受けた教職員は、高校必修科目の未履修問題による処分者が四百九十人いたことから、前年度比四百四十五人増の四千五百三十一人。懲戒処分は同九十六人減の千百五十九人だった。わいせつ行為などによる処分は懲戒処分百七十人を含む計百九十人で、前年度比四十八人増。四十歳代が八十二人で最多だった。多くは勤務時間外の行為だったが、授業中に教え子の体を触るなどしたケースも八件あった。
 体罰での処分は四百二十四人。秋田県の高校で生徒を棒で殴って打撲傷を負わせたり、沖縄県の中学校で生徒をけって骨折させたりするなど十七人が停職処分となった。
 日の丸掲揚・君が代斉唱反対に絡む処分は前年度比三十一人増の九十八人。東京都が最多の四十一人、新潟県三十五人、広島県十七人と続いた。
 教職員の懲戒処分については都道府県、政令市の計六十四教育委員会のうち準備中の北九州市を除く教委が何らかの基準を作成していた。

『東京新聞』(2007年12月29日 朝刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007122902075910.html

【参考】 数年前から「異常事態」に警告が発せられている。
 昨年(2006年)の同時期に公表されたグラフと比較してみよう。
 根本には国の進める教育「改革」が、先生を壊し続けていることを指摘しなければならない。
クリックすると元のサイズで表示します

◆ 予備軍がたくさん存在する危機的状況。他業種と比較しても疲弊ぶりは歴然。

クリックすると元のサイズで表示します

『日教組教育新聞』(2006/12/20)
 文科省「2006年教員勤務実態調査暫定集計(7月分)」より

◆ 先進国との比較では、長時間労働なのに低賃金。教員の労働条件はどんどん劣悪になっていく。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

『日教組教育新聞』(2007/11/15)
 文科省「2006年教員勤務実態調査」より

 日本じゃ教員やってられないよ。学生のなり手も激減していると言うではないか。「教育は人なり」を根本から壊している奴が居る。

【リンク】
 ◆ 2007/1/15 「心病む教員急増」
 ◆ 2007/1/15 「40年前の勤務実態と比較」

タグ: 再雇用廃止


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ