2008/7/28

都教委幹部に厳正な処分を!  Y暴走する都教委
 毎日、教員採用試験の勉強に励んでいる青年を知る者として、今回の都教委幹部による議員らへの合格者事前通知については、激しい怒りを覚える。
 とても許されざる行為である。
 都教委は「不正はなかった」とするが、発表前に、都教委幹部から議員らに通知することが、「不正」そのものではないか。

 議員に頼む者は、何らかの「働きかけ」の期待を持ってこそ頼むのである。
 合否発表、約一時間前の「事前連絡」のためにのみ頼む者はいない
 これは、都教委幹部の「不正」によって、採用試験の公正さへの疑惑が長年にわたって醸成され、世間において、議員の力に縋れば有利になるのではないかと思わせるに至った結果である。
 議員に依頼するに手ぶらというわけにはいかない。
 結果として、「お礼」としての「金品」が行き交うこととなる。
 55人の受験生の保護者が、何らかの「お礼」をしたのである。

 都教委幹部の行為は、犯罪であるといって過言ではない。
 「今後は致しません」と言って、「厳重注意」でことをやりすごそうとしているようだが、とんでもない話である。
 議員に「特別の情報」を与え、議員がそれを持って「都教委幹部と通じ合う特別のコネを持っている」と振舞えるようにしたのである。
 真っ当に勉強している青年達に、教員採用試験への疑惑の念を起こさせただけでも罪は万死に値する。


 幹部6名の名を公表し、直ちに「懲戒免職」の処分を行え。

 教育委員会委員、教育長及び関係部局幹部の一斉更迭を行え。
 小手先で誤魔化して済むと考えているのなら、今後都教委は何処からも信任されないであろう。

   電話 都庁代表 03−5321ー1111

 その後は、教育長でも、人事部長でも、選考課でも抗議受付係でも希望の箇所に繋いでもらって、出た職員に対し、今回の「不正」を厳しく追及していただきたい。
タグ: 再雇用廃止


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ