2008/10/31

11.2全国労働者総決起集会  ]平和
 たたかう労働組合の全国ネットワークをつくろう!
 ◆ 11.2全国労働者総決起集会
 東京・日比谷野外音楽堂 ●11月2日(日)正午開会

《韓国から》
 ■非正規職撤廃闘争を戦いぬく
  民主労総ソウル地域本部
《アメリカから》
 ■イラク反戦29港湾ストを闘った国際港湾倉庫労組
  IIWU
 ■戦争と民営化に立ち向かうロサンゼルス統一教組
  UTLA
------------------------------------------------------
 高山俊吉(憲法と人権の日弁連をめざす会)
 西川重則(とめよう戦争への道百万人署名運動)
 ◆国鉄1047名解雇撤回闘争から
 ◆「日の丸・君が代」不起立被処分者
 ◆職場で闘う青年労働者から
 ● 金持ちを「救済」するな!麻生政権倒せ

■全国のたたかう労働者の皆さん!世界金融大恐慌に対して、労働者民衆の怒りが激しく渦巻いています。ニューヨークでは「救済でなく刑務所だ!」「ウォール街に金出すな!労働者に金を出せ!」のデモが巻き起こりました。資本主義の時代の終わりがはじまったのです。


 労働者の団結した力が、時代の最前線に登場する時が来ました。世界中で、首切りや賃下げ、民営化攻撃に対する津波のようなストライキの嵐がとどろき、食料暴動や民族解放の闘いが燃え広がっています。労働運動が荒々しく復権しようとしています。

■「競争原理こそ万能」「企業活動に無制限の自由を」という掛け声のもとに推進された新自由主義政策は、全世界に貧困、飢餓、格差を蔓延させました。
 民営化、規制緩和、労組破壊攻撃の中で、無数の労働者が非正規職に突き落とされ、社会保障制度や教育が崩壊し、イラクグルジアと続く戦争の危機が生み出されています。全世界で激しいインフレと大不況が同時進行しています。これは資本主義体制が行き着いた腐れ果てた最後の姿です。

 ● 国鉄1047名解雇撤回!

■求められているのは、闘う労働運動を復権させることです。
 私たちは訴えます。
 第一に、連合や全労連の屈服を突破する、現場からの反乱を組織することです。ヨーロッパを覆うストライキの波は「08賃金反乱」と呼ばれています。非正規職撤廃、生活防衛、大幅賃上げ獲得、最低賃金引き上げを求める怒りの声を結集しよう。09春闘に向けて、「ゼネストで闘おう!闘う労働運動を復権させよう!」という訴えを全国に発信します。
 第二に、国鉄1047名の解雇撤回闘争を先頭に、民営化・労組破壊と、改憲・戦争に立ち向かうすべての労働者の怒りの声を結集することです。私たちは、「解雇撤回」を引き下ろし、動労千葉を排除して進められようとしている「4者・4団体」による「政治解決」に絶対に反対します。
 第三に、労働者の国際連帯闘争を大きく発展させることです。今ほど万国の労働者の団結した力が求められている時はありません。

■渦巻く怒りの声を11月労働者集会に総結集し、労働者の団結した闘いこそが歴史をつくり、社会を変革する力だと宣言しよう。
 志(こころざし)を同じくするすべての皆さんの参加を心よりお願いします。

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部 全国金属機械労働組合港合同 国鉄干葉動力車労働組合
http://www.geocities.jp/nov_rally/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ