2009/6/10

弁護士会6.12シンポ案内  X日の丸・君が代関連ニュース
 ★ シンポジウム「心と意見の表明の自由はないのか?」
    〜思想良心の自由と表現の自由の現在〜


 日弁連と東京の三弁護士会は、思想良心の自由と表現の自由を考える下記のシンポジウムを企画しました。
 どなたも無料で参加できます。予約も不要です。皆様ふるってご参加下さい。

 日時 2009年6月12日(金) 18:30〜20:30
 場所 弁護士会館2階 講堂クレオ
    東京メトロ地下鉄霞ヶ関駅B1b出口より徒歩0分

 内容 1 現場からの声
      思想良心の自由と表現の自由に関わる事件当事者からの報告
    2 パネルディスカッション
      パネリスト 土屋英雄(筑波大学大学院教授・憲法学専攻)
            森 達也(映画監督・作家)
            水口洋介(弁護士・東京「日の丸・君が代」訴訟弁護団)
            内田雅敏(弁護士・立川イラク反戦ビラ事件弁護人)

 最高裁判所は、信条に反するとして卒業式で君が代のピアノ伴奏を拒否した先生に対する懲戒処分は憲法19条(思想良心の自由)に違反しないとの判断を示しました。また、自衛隊のイラク派兵反対のビラを配るために防衛庁職員の官舎の敷地に入った市民について、住居侵入に問うても表現の自由を侵害しないと判断しました。


 処罰を覚悟しなければ、自分の心に従い行動し、自分の意見を伝えることのできない社会。こんな息苦しい社会にどうしてなったのか。心の自由、意見表明の自由が真に保障される社会を築くためにはどうすればよいのかを考えてみませんか?

 主 催: 東京弁護士会・第一東京弁護士会
      第二東京弁護士会(予定)・日本弁護士連合会(予定)
 問合せ先: 東京弁護士会 人権課 03−3581−2205


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ