2009/6/22

平成20年度条件付採用教員の任用について  [藤田の部屋
 <板橋高校卒業式> 杜撰きわまりない高裁判決!
 ☆☆ 偽証を見抜けない高裁判事は辞職せよ! ☆☆
 ★ 最高裁に『上告趣意書』を提出。 ★

 ■ 「最高裁に公正な判決を求める署名用紙」ダウンロード ↓ (PDFファイル)
http://www.sirobara.jp/090303fujita-syomei.pdf


 ◎ 都教委は新採教員いじめをやっている!
クリックすると元のサイズで表示します
「クロツグミ」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》


 都教委は、採用権限を振り回して
 新採教員のいじめをやっている。

 誰だって一年目からうまくいくわけないではないか。

 8人を、退職に追い込んでいる。
 高校の免職一名、これは一体なんだ。

 都教委、校長は仮採用の一年間においてはいつでも
 首を切れると錯覚しているのではないか。

 労働基準法の試しの期間は、14日と定められている。
 それ以降は、現在の職員の解雇と同じ厳密なる理由が必要である。

 一年間採用試験が出来るとの妄想を持っていると思われる。


http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr090528j.htm



平成21年5月28日
教育庁

平成20年度条件付採用教員の任用について

 平成20年度新規採用教員の条件付採用期間終了にあたり、正式採用の可否について特別評価を実施した結果、下記のとおりとなりましたのでお知らせします。


 1 平成20年4月1日付採用教員数  2,564人
 2 年度内退職者数             69人
 3 採用判定対象者数         2,495人
 4 正式採用「可」の者        2,486人
 5 正式採用「不可」の者           9人
 (1)正式採用「不可」の評価で職を免じた者  1人

      ・ 学校種別       高等学校 1人
      ・ 正式採用「不可」の理由  適格性欠如
 (2)正式採用「不可」の評価で自主退職した者 8人
      ・ 学校種別       小学校  7人
                   高等学校 1人
      ・ 正式採用「不可」の理由 適格性欠如、指導力不足、保護者からの苦情

 (注)(2)の8人は、退職願により普通退職している。
 (注)教育公務員特例法第12条第1項による新規採用教員の条件付採用期間については、「1年」と規定されている。

   <問い合わせ先>
   教育庁人事部職員課
   電話 03−5320−6791

2011/7/4  20:15

投稿者:ぴぐ
わたしも
2006年度に
校長に
辞めてくれと言われました

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ