2005/7/29

替え歌  
「学校に自由の風を!」のパレードで歌われた歌から、3題。畢生のおちょくりの数々。

   「VAKA者たち(若者たち)」

1,君が代の歌詞は 果てしなく変よ
  だのになぜ   歯を食いしばらせ
  歌わせるのか  そんなにしてまで

2,君が代の人は  今はもういない
  だのになぜ   何を探して
  右へ行くのか  星もまたたく

3,星の行く道は  滅亡へと続く
  空にまた    日の丸捧げ
  VAKA者はまた歩き始める


   「ウルトラ・ショブン(ウルトラ・セブン)」

  処分、処分、処分!
  処分、処分、処分!
  はるかな都庁が ふるさとだ
  ウルトラ 処分 センセ 処分
  通達だ〜 処分、処分、処分!
  やがて銀河の果てまでも
  教育改革 処分、処分、処分! 処分、処分、処分!


   「はな」

1,川は流れて  どこどこ行くの
  右へ流れて  どこどこ行くの
  そんな流れが あるからには
  校長として  校長として  咲かせてあげたい
  立ちなさい  歌いなさい
  いつの日か  いつの日か  今は副校長

2,涙流れて   どこどこ行くの
  反省うながされて 都庁へ行くの
  そんな研修  序の口に
  担任として  担任として  言わせてあげたい
  立ちなさい  歌いなさい
  いつの日か  いつの日か  生徒立たそうよ


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ