2012/8/1

教員免許が失効すると、自動的に失職!?  Y暴走する都教委
 ● 免許更新手続きせず
   教諭2人を失職に 都教委


 都教育委員会は23日、公立小中学校の教諭2人について、教員免許が失効していたため失職とした。
 2人は区部の小学校の教諭(36)と中学校の教諭(55)。いずれも昨年秋に教員免許状更新講習を受講し、修了していたが、免許の有効期限が切れる2カ月前までに都教委に対し、免許更新手続きの届け出をしなかった
 都教委では、免許の有効期限切れによる教員の失職が相次いだことを受け、有効な教員免許を持っているかについて全件調査を行っていた。
 昨年度末までに更新が必要であった教員についての調査は全て終え、今回の2人が判明した。


 再発防止策として、都教委は、更新手続きについての分かりやすいリーフレットを配布するとともに、今年度末以降に免許の有効期限を迎える教員に対しては、従来から選考課が持っている全国規模の教員免許管理システムだけではなく、人事給与情報課の人事給与システムに都教委で更新手続きを終えたかどうかの更新情報を入れ、職員番号などとともに管理をし、期日までに免許更新手続を終えていない教員に対して注意を促すこととしている。

『都政新報』(2012/7/27)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ