2013/3/29

3・29君が代不起立処分6名に発令  X日の丸・君が代関連ニュース
  《卒業式処分発令抗議・該当者支援総決起集会》資料から
 ★ 2012年度卒・入学式の闘い
卒・入学式対策本部

 1.卒業式処分6名
 今年の卒業式でも「君が代」を「立って歌え」「伴奏しろ」と強制する10.23通達と校長の職務命令に反したとして、6名の教職員が処分されました。
〈 高校 〉    戒告        5名  不起立1回目 1名
                          不起立2回目 2名
                          不起立3回目 2名
〈 特別支援学校 〉減給10分の1・1ヶ月  不起立4回目 1名


 2.都教委要請行動の概略
 2月5日、五者(予防訴訟をひきつぐ会準備会、被処分者の会、解雇裁判をひきつぐ会、再雇用拒否撤回を求める二次原告団、東京・教育の自由裁判をすすめる会)、同弁護団は、10.23通達から10回目の卒業式を前に、東京都教育委員会に対して「職務命令を出すな」「卒業式処分をするな」などという趣旨の要請を行いました。
 2月19日、教育庁教育情報課長波田健二名でFAXによる「回答」がありました。”校長の職務命令は合憲であり、職務命令違反があった場合は厳正に対処する”という回答に怒りがこみ上げてきます。
 その後卒業式で昨年以上の数の方が不起立だったのを受け、五者・同弁護団は3月18日にも、「処分をするな」「服務事故再発防止研修をするな」という趣旨の要請を行いました。

 3.強化された再発防止研修
 都教委は今年から、例年7月に行ってきた服務事故再発防止研修を、卒業式に関わる処分については入学式前に繰り上げて3ヶ月もの長期にわたって行い、内容についても「国旗・国歌」にかかわるものに変更しました(対照表参照)。これは「内心の自由に踏み込み、著しい精神的苦痛を与える程度に至るものであれば、(中略)違憲違法の問題を生ずる可能性がある」とした「再発防止研修執行停止申立事件」に対する東京地裁決定(2004年7月)に反するものです。
 (以下略)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ