2009/3/5

猫と蘭(蘭のおすすめ)  その他

先日、空蝉さんと某デパートの「洋ラン展」に行ってきました。

蘭は、薔薇などに比べ育てるのが簡単で手がかかりません。
ある程度の温度を保ち、乾いたらぬるめの水をかけてやる程度で、
クリックすると元のサイズで表示します
この程度は咲いてくれます。
クリックすると元のサイズで表示します

百均の木枠バスケットにミズゴケで植えています。
クリックすると元のサイズで表示します
自然でいいでしょ?根っこも魅力。

それから、
クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に、…
クリックすると元のサイズで表示します

…天井からつるすと、蘭の本来の性質からも好ましいです。
(カトレアなど着生蘭は木の高い枝などにくっついて暮らしています)
我が家は狭いので一石二鳥です。

昔と違い、蘭はずいぶんお手頃の値段になりました。
千円、二千円で手に入るものも沢山あります。

それに、猫と蘭は相性がいいのでおすすめです。
蘭の葉っぱは(特にカトレアやこちょうらん)分厚くて革のようなマチエールなので、猫がかじる気がしないようです。
観葉植物などにはうっかりかじられると毒性のあるものもありますが、その点安心です。

ただ、我が家の「あんず」はわざと花をちょいちょいやって飼い主を操るのに利用しますが。

クリックすると元のサイズで表示します
あんず


「洋ラン展」では、買うまいと思ったのに、誘惑に負けてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
我が家の蘭の中では一番ゴージャスだなあ。

可愛いヴァンサンも撮れたので一枚!
クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ