2007/3/16

小さなプレゼント  プチ里親便り

北海道へもらわれていったのんちゃんの里親Tさんから、うれしいメールが届きました。

猫自慢メールはご本人の快諾を得ておりますので、お披露目させていただきます。

*****

ご無沙汰しております。
久々の親バカメールで御座います。

先日プチポンさんで女の子達の撮影会が行われていた3月13日に
のんちゃんは我が家にやってきて丸3年の記念日を迎えておりました。
そこで、ささやかながらパーティーを開催。
のんちゃんには好物のホタテの刺身をちょこっと進呈。
記念品にネズミのおもちゃ。
そして小さなケーキも用意しました。

のんちゃんは、このところの急激な冬に逆戻りのお天気にもメゲル事なく
日々窓辺にて外を眺めたり、キャットダンサーで踊っていたり、
新しいネズミのおもちゃを飛ばして遊んでいます。

初めて家に来たときは人目を避けるような生活をして
触る事すら出来なかったのに、
今の、のんちゃんは『立てばオネダリ、座ればゴハン、歩く姿は威風堂々』
ネコの王道を行くような立派なニャンコになりました。

おしゃべりで甘えん坊でそこら辺にある物で遊ぶのが上手なのんちゃんは
益々快調です!

またメールします。
まだまだ春遠い北海道より。

クリックすると元のサイズで表示します
のんちゃん
おしゃべりさんだなんて、信じられない〜


*****

実は、先日お届けしたロビン改めさくらちゃん、
のんちゃんにタイプが似てるなあと思っていたところでした。
そこで、のんちゃんが馴れるまでどのくらいかかりましたっけ? 
とTさんにメールしたところ。

*****

私も前々から何となくロビンちゃんはのんちゃんに似てるなぁと思っていました。
今回、大事に思ってくださる里親さんが見つかって本当に良かったですね。

そこで早速過去の記憶を辿り、
家に来てからのんちゃんが夜の女王引退するには1ケ月くらいかかったと思います。
その後は押入れの女王と化していて、
昼間私たちがいても出てくる様になるには3ヵ月後くらいですかね。

今までの、のんちゃんの写真を見てみたところ
半年後の9月後半にのんちゃんに触れてうれしくて
撫でている写真を撮りまくっているので
やっぱりのんちゃんが家に慣れるまでに半年くらいはかかってるようです。

それに抱っこは今でも苦手なようですし、
のんちゃんから私の膝に乗ってくつろぐようになったのも
去年の秋くらいからだったと思いますよ。

ネコ初心者(デブネコみゅうは彼の飼い猫でした)の私は
プチポンさんを通して、
触れないネコは意外にいる事、ネコとの間にも信頼関係は大事な事知りましたし、
一緒に生活していく中でのんちゃんが教えてくれた事も沢山あります。

慣れるのに時間がかかるのは
大きなプレゼントをドーンともらうか
小さなプレゼントを少しずつもらうかの違いだと思います。
それにネコが可愛い事には変わりはありませんしね。

その意味ではのんちゃんは今でも
毎日小さなプレゼントを私たちにくれ続けています。

ロビンちゃんとロビンちゃんの里親さんに笑顔が増える事を願っています。

*****

のんちゃんとさくらちゃん。ふたりとも、生まれた年は違うけれど、
保護された月ともらわれていった月は奇しくも同じく9月・3月なんですね〜。

Tさんありがとうございます。
そして、プチポンと縁を結んでくださったたくさんの方々にも感謝感謝です。
うれしくて涙が出ちゃいました。

さくらちゃんが、小さなプレゼントを里親さんに毎日少しずつ、
届けることができますように。

さくらちゃんの様子はこちら。見守ってくださいね。
0
タグ:  里親 東北



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ