2007/10/26


クリックすると元のサイズで表示します
ミニョン♂ 06年6月生まれ(推定)去勢手術済み

猫友のアドバイスにより、「連写」の技を習得しました(て大げさな…)。
一度に撮る枚数の多さにびっくりですが(昨夜だけで200枚!)、
ボツ写真もさることながら、連写だと赤目防止機能の赤外線?放出もなく、
猫たちにはストレスもなく、た〜っぷり撮ることができて満足満足。

久々にイケメン猫のヨンさまことミニョンくんの撮影に成功しました。
(いつもは警戒心むきだしの写真ばかりになってしまう…)
里子に出たぼたん、レベッカ改めてレモンメロン姉妹に毛質は似てます。
母のちゅらよりでかく、食欲はヴァンサンと1、2を競う旺盛さ。

よく遊びます。が、さわれません〜(涙)。
あまり追いかけ回すと「シャーッ」します。


が、今朝、うちの母が言った言葉に「なるほど〜いいこと言う!」と思ったのですが。

わが家の2匹目の猫、黒白タキシードのちー(本名ちはや ♀ 03年生まれ わが家に来て4年。通院は不妊手術のときだけ…それも室内に捕獲器を仕掛けて…というまあいわば「家庭内野良」)は、いまだにさわる、撫でるはおろか、抱っこなどとんでもない!な猫さんです。

でも、かわいいのです。1匹目のたきを入れるときも、2匹目のちーを入れるときも猛反対だった母が、

「ちっこもちっこなりに、いいところがある」

と今朝、ふと言ってくれたのです。ちっことは、ちーのことです。
その心は?と聞くと、曰く

もし、ちーもたきのように人間大好きの甘えん坊だったら、たきとちーとで
競って人も猫も「やきもちぐるぐる」でちょっと大変なことになるのでは…というようなことでした。

確かに。ちー→たき→私(と母)と、一方通行のように見えますが、
これはこれでなかなかバランスがとれているようにも思います。
ちー→私(と母)←たき は想像もつきませんが、それはそれでいいのかな?

まあ要は、家族の一員として迎え入れたら、人馴れまるでダメのちーでも
(プチポン保護猫より人馴れしてないんじゃないかと思います)
「いいところ」があり「かわいい」わけで。

彼女なりに訴える鳴き声は愛らしいし、
母のベッドの下でちょこんとそろえる白ソックス模様の両手もかわいらしいし。

猫自慢になってしまいましたが、人馴れしてないミニョンくんにもどこかに
赤い糸がつながっているところはあるのではないかと思う次第でして。

初めて猫と暮らす人には難しいかもしれないけれど。

*****

プチポン猫をもらってくださったジェミーさんの妹さんが子猫姉妹を保護し、
里親募集しています。

とってもかわいらしい姉妹猫です。よろしくお願いします!

クリックすると元のサイズで表示します
おかげさまで縁組成立しました!
0
タグ:  里親募集 東北



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ