ジャンク@ライダー Junk Яider

いつのまにやら50半ば、適当にボケも加わって
日常的に失態をくり返すジャンクなライダーのバイク日記。

 
レイラスポーツ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

My image

pixy主要諸元
1962年式
製造国:日本 
全長:1620mm 
非装備重量68kg 
燃料:炭水化物&アルコール

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pixy
daikonba3164さんへ
しらべて頂いてありがとうございます。
今まで何度も交換していますが、
ここまで見た目が悪かったのは今回が初めて
です(^^;)

普通ブレーキフルードの交換サイクルは2年と
認識していますが、
高性能フルードは交換サイクルが早いというのは
そうなのかも知れませんね。

それほど手間のかかる作業ではないですが、
極端に劣化が分からないので、ついつい
疎かになってしまいがちです(;^_^A
投稿者:daikonba3164
一年半でゲル化したのが気になって、ちょっと調べてみました。
結局解ったのは、ハイグリップのレースタイヤの摩耗が早いように、高性能フルードは交換サイクルが早い。ブレンボのフルードは専用容器に入っているので劣化しない。
これだけ、でした。

しかし、ゲル化したフルードって気持ち悪いですね、まるで膿みたいですね・・・。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ