ranchblog

ウエストウインドランチのyu-koが綴るウマ日誌

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yu-ko
>カンジさん
フレームって枠とか型とかのフレームかな!!私はフレームって言葉は使いませんが、馬を型にはめるとか、枠に収めるとか使います。
似たような表現で、馬に1本軸を通すとか手綱の中に馬を入れるとか・・・
こっちのフレームかもしれませんね!!
投稿者:yu-ko
>カンジさん
練習馬、「商売道具」と割り切れれば出来るんだけど自分が手がけた(乗ったり調整したり)馬はどうしてもその情を遮断することが出来ません('A`)

オーストラリアも馬先進国ですもの。 いろいろ疑問が出たときには是非、お願いしたいです。トレーナーさんにうざったがれない程度にね!

フレームって・・・フレーメンのことじゃなくってですか?フレーメンならいい匂い嗅いだ時の上唇を上げる動作ですが・・・
投稿者:カンジ
あっ!そうそう!
調教等の事で何か知りたい事がありましたら、お役にたてるかどうか分かりませんが、ジョンや他のトレーナーに会った時にでも聞いて見ますよ!
ただ私、お恥ずかしいですが、専門用語とか分からない事が多いので、その辺を詳しく述べていただくとありがたいです。何しろ言葉より身体で覚える方なので!このソッバと言う言葉も知りませんでした。良くフレームと言う言葉もお聞きするのですが、イマイチどういう状態か分からないのです。
投稿者:カンジ
練習馬制度!なるほどです!
こちらだと競技会に連れて行って、一日中フロートや馬運車に繋いでおく事があるのでこれは大切な調教です。
若い馬の調教はスタートする時期にもよりますが、2歳前ぐらいからスタートする場合は最初一ヶ月ぐらいは週5日みっちり馬が集中できるよう短時間ですが行い、馬の成長も考えその後2週間ほど休ませて、また一ヶ月集中して行なうといった感じでやっています。
それで半年ほど進めて、一ヶ月ほど休ませて馬の身体の成長を見て今度はフチュリティーに向けみっちり教え込んでいくと言う感じです。
投稿者:yu-ko
>いつでも逃げれる。という安心感か、どんなにあがいても逃げられない。と諦めさせるか。どちらか徹底してしまえばソッパはやらなくなるでしょうね。(大人じゃ諦めさせるのは難しいかも)
DONがやらなくなったのは扱う人が気を付けていてどちらかに決めているからだと思います。

うちで練習馬がいたころ、やっぱり不特定多数の人間が扱って2頭の雌がソッパするようになってしまい、平日の間に直すのですがやっぱり週末にいろんな人が扱うとまた戻ってしまいました。扱う人皆が同じ気持ちで、と言うのは私たちがいくら忠告しても徹底できないものなんだと、あの時は本当に痛感し、辛かったし、何よりその馬達に1番負担をかけてしまって可哀想な事をしました。

もう練習馬制度は懲り懲りだって、心底思いました。馬にも人にもよるけど所詮自分の馬ではないからどこかで無責任になってしまうのでしょうね。
投稿者:Shige
DONちゃんもよくやっていましたねぇ〜。でも、最近あまりしませんね。トレーラーでソッパして転んでからかな?いや、ソッパにつながる行動をしていなからか・・・。
アレは本当に馬にも人にも危険ですからね。初期調教って本当に大切ですね。
最近、“どんな調教をされてきたか解からない馬は怖いなぁ”って思うようになりました。「何処の馬の骨かもわからんやつ」っていうのはこういうことから来ているのでしょうかね?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ