ranchblog

ウエストウインドランチのyu-koが綴るウマ日誌

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yu-ko
>まいどJakeでんねんさん
サイドパスの駆歩。すごいですよね。きっとあれで馬は後ろの牛の動きを見ているのでしょう。あの鋭くとがった角に当たれば大怪我ですからね。

ちなみにスペインでは牛を使った「牛飼い馬術」というような競技種目もあります。牛を倒す度にポイントがついて、一回転すると高得点です。


http://www.youtube.com/watch?v=tx2RfyU0m2c
Wow!!!
これはすごいわ〜!!!!
スペインの闘牛といったら人対牛って思ってたけど、こんなんあるんや〜!知らんかった。ロデオ仲間にも教えてあげよっと。
それにしても馬の動き、すばらしいの一言ですね!フェイク(牛を一度左(右)に行くと見せかけてフェイントをかけ、右(左)に行くことで、牛のふところ(攻撃できない死角みたいなところ)に入っていく)の動きは、ロデオのフリースタイルブルファイティングと共通するので、馬の動きにすごく納得。それにしてもサイドパス状態であんなスピード!すごい!!!お気に入りに直行です!

今日はあまりの興奮のため、「!」マーク連発でした(笑)ははは。
投稿者:yu-ko
>Goldyママ
牛と馬と人の命がけの戦いですよね。
ちなみにこの牛たちにも敬意を示していて、最期まで勇敢に戦った牛(馬や騎士に一撃食らわした牛など)は殿堂入りとして闘牛場の外壁にその勇姿と名前が彫られます。
ローマの剣闘士に似た感じですね。

ちなみに有名らしい闘牛の牧場には、そこの牛たちの武勇伝が飾ってあって、馬を角で持ち上げ、ぶん投げてるのとかありました。
投稿者:yu-ko
>ステージパパ
カウホースなどもそうでしょうが、実践ではこの位のテンションでいないと牛に負かされちゃうのでしょうね。
でも牛がいなければ非常に冷静で穏やかです。そこがこの馬の魅力です。

そう思うとレイニングもこの位の力強さと優雅さを意識として持っていないと観る人を魅了できないでしょう。
投稿者:yu-ko
>TOMOさん
当時何度も熱く語ったのに、やっぱり百聞は一見にしかず。なのね('A`)
投稿者:Goldyママ
ホントに凄いですね(゜Д゜)!?
騎馬闘牛は初めて見ました!馬の動きに釘付けでした!あの動きは凄いっ!
でも、一歩間違って闘牛の角で馬がケガしてしまうこともあるのかと思うと、なんとも言えない気持ちになりますね(・ェ・。)
投稿者:ステージパパ
たしかにスゴーイ!
レイニングであのテンションは高すぎでしょうが、あの動きでショーイングだとスゴーイ♪
高等馬術だし、あの動き・動かし方は原点なんだろうな〜
投稿者:TOMO
ワオー!これは凄い!
血液が沸騰しそうです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ