ranchblog

ウエストウインドランチのyu-koが綴るウマ日誌

 
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yu-ko
Shigeさん
国民性ですかね〜。メキシコとかイタリア人のショーイングってハンパじゃないですよ!!
イタリアはもう技術も馬の質もアメリカに並ぶほどですが、メキシコ(以前のUSETで)は引っかかってても気にせず飛ばしてました(笑)その上で今度は細かいところを気にするようになったらイタリアとも差がなくなるでしょうね。

出来る馬かどうかにもよりますが、出来る馬ならその馬が持っているもの全部を魅せていきたいですね。あとは自分の心の葛藤の問題です。でも馬は消耗や錆びらせたくはないので、その前後の体と心のケアはしっかりやらないと。
投稿者:Shige
先日のブログに対してですが、レイニング=ショーイングですね!やはり魅せるショーイングが出来る人って本当に見ていてゾクゾクするくらいカッコイイ。掛け値なしで思わず応援してしまうものですね。逆に守りに入ったショーイングは退屈でがっかり。でも賞金がかかってくると“エントリー代も馬鹿にならないし、何とか少しでも元を取らなきゃ”という邪な心が出てくることも事実。それって・・・乗っていると面白くない。耳元で“もっと飛ばせるよ。ガンガンいけるよ!”ってささやく声が聞こえてくるのですが・・・・。う〜ん。苦しいです(笑)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ