ranchblog2

ウエストウインドランチのyu-koが綴るウマ日誌part2

 

プロフィール

      馬との理想的な信頼関係を求めて・・・ウエスタンホースマンシップを模索中

QRコード

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yu-ko
>ローラさん
そうなんですよね。アメリカのクォーターたちはほとんどルーサンヘイしかやらないので、日本でもルーサンへイだけ。って結構ありがち(うちも前はそうだった)ですが、向こうで与えてるヘイと日本に入ってくるモノは格段に質が違いますし、飼育環境も自然環境も違いますからね。

アルファのヘイとキューブでは、栄養価は変わらないけどキューブの方がタンパク質やカルシウムが多く、あと塩分(リンもだったかな)が多いはずです。(講習で聞きました)でも早食いの馬(水を飲まない)には良くないでしょうね。
うちでも食いしん坊の馬にはストローとか牧草(干し草)とか、あまり食の進まないものをあげています。
投稿者:ローラ
アルファは時として危険な飼料ですよね。
嗜好性が高いしよく太るので、つい沢山あげたくなりますが。高齢馬は、人間と同じであまり水を飲まなくなるようで、うちでは塩を多めに与えて水を飲むようにしています。(鉱塩もあるのですが)疝痛は、脱水状態で便秘やガスっ腹が多いみたいですね。けど、スクちゃん、大事に至らなくて良かったですね。
ところで、アルファとヘイキューブはほとんど同じと思っていましたがどうなのでしょう?キューブは、細かく粉砕したものを圧縮しているから腹で水分を奪ってふくれてしまうので疝痛にはあまりよくないと、聞いたことがあります。なんにせよ、チモシーや、イネ科の青草が一番ですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ