ranchblog2

ウエストウインドランチのyu-koが綴るウマ日誌part2

 

プロフィール

      馬との理想的な信頼関係を求めて・・・ウエスタンホースマンシップを模索中

QRコード

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yu-ko
>N.Kさん
キュ〜ンとしちゃう切ないコメントありがとうございました。

わかる!誰もがあたる壁です。

馬はトレーナーチューンになっているから、自分もトレーナーに合わせたチューンでいけば、きっとケンカにならないはず。でも、喧嘩になるってことは自分のチューン(思惑)が中途半端に強いのかな?それで馬が不快に感じるのかも。

でもそれは、逆に言えば自分の思惑(チューン、意志)が芽生えてきたのなら一段階上がろうとしているのかも。ま、自分の馬なんだから、良くするの悪くするも自分次第。自分で壊して自分で戻すのもアリなんじゃない?(笑)

それか自分が迷っているときは馬を正しく導くことはできません。

迷ったら、何が一番大切なのか(私は、蹴ったら前に出る、顔向けた方に曲がる)を思い出してそこから出直しです。

ちなみに、頭下げて走る馬は、フルーリーで言うならあれは下げさせようと思って下げているのではありません。
私が求めていることは、私の真下にいること、肩を軽くしてどこのギアにでも入れたらすぐに反応できる体勢にすることで、そこに収まっていれば安心(快適)と教え込みます。その結果があのビジュアル。

それは、リルでもそうで、リルは緊張しいだけど、真下に来て自身の緊張が解けるとやっぱりフルーリーみたいに頭を下げます。頭を下げる、というより全身が流線形になるっていう方が表現が正しいと思います。

頭だけの問題じゃないのです。頭は下がっているけど首の上方が盛り上がってるとか、肩(き甲)が下がっているのはちょっと違うかなって、偉そうに書いちゃいました(苦笑)
投稿者:N・K
八ヶ岳お疲れ様でした。YouTubeかぶれでして、頭を低くして走る馬に憧れる1人です^m^
でも自分が理解していないのに、練習で形だけに拘る割りには、本番じゃ形も何もあったもんじゃないのが実状です。結果、悪い方向に進み今ではキックの得意な馬にしちゃいました(ToT)
久々に大会走行のビデオを見て、馬が生きていないと言うか、溌剌さが全くなく、馬からも私からも楽しさを感じられず静かにビデオを消した今日この頃です。。。。
とてもタイムリーな記事だったので長々とコメントしちゃいましたm(__)m
自分がまずやるべき事の優先順位を改めて考えされられました♪
11月にまたお会いできる日を楽しみにしています(*^_^*)
投稿者:yu-ko
>一度きりの生徒さん
その通り!

アメリカでもピラミッド層が巨大な分、あまり知られないけどよく知らないで馬を飼ってどうしようも、手が付けられない問題馬もたくさんいて処分されたりしています。競技会に出たり馬を外に連れ出すのは意識を高めたり、確認のためだと思っています。

今の時代、馬は使役のためというよりスポーツの相棒の役目が多くて乗馬は馬と人が一緒に行うスポーツ。でも馬は選択の余地なく人に乗られているわけだから、せめて馬が人を乗せることを嫌がらないように思いやって行きたいものでそれがホースマンシップの精神ですね。
投稿者:一度きりの生徒
遅くなりましたが、競技会お疲れ様でした!
そして指導者競技の実現(しかもホースマンシップで!!)おめでとうございます。

八ヶ岳、そんなに盛況でしたか〜!
それはそれで喜ばしい事ですね。

今回のような事、おそらくブリティッシュの世界も経てきているように思います。
私が大昔に見た障害競技会なんて、落馬の連続で救急車も来る騒ぎ。
ウエスタン人口が増えてきている証拠だと思いたいですね。

でも意識の低いまま人口だけが増えても困りますから、どうぞ、これからも先生!頑張ってくださいね!!

私がブリティッシュからウエスタンに変えたのは、なによりも馬の心を教えてくれたからです。
それまでは姿勢や技ばかり。こういう時は手綱を引くとか、脚で押す、だとか。
初めての外乗でウエスタンスタイルを知り、もっと心が通う騎乗がしたい!とクラブを変えました。

「なぜ暴走するのか?」「なぜ立つのか?」
この馬の癖だとか物見でしょ、とかで終わりにしないでほしいですね。

その馬の心を理解し、馬が納得し、双方が気持ちよく演技できること、それが私の理想です。

長くなってスミマセン^^;
でも先生がこうして記事にしてくださって、また気持ちが引き締まりました。
ありがとうございました!
投稿者:yu-ko
>M.Nさん
お手伝いありがとうございました。
ビデオよろしく。

何はともあれエントリーは多かったですね〜。ストックシート19、W.H.Sノービスが14、レイニングアマチュアは21のエントリーです。これだけ出てると競技会!って感じだし優勝者は喜びも大きいでしょうね。

数が多かったのでピラミッド層も大きくなるからこういう内容も当然なんですけどね(苦笑)
投稿者:yu-ko
>フルーリーファンの嫁さん
皆に嫌われること書いてるな〜って思ってます(汗)

でも20年前の自分も同じでした。馬は能力がある良い馬だけど、壊れかかってて本番でテンパる。直したい気持ちは強いけどどうやったらいいのかわからなくて結局行かせちゃって予後がもっと悪くなる。

あの頃の馬たちは結局みんな直せなかった(peppy.coronel.jeams.Tuesday.codyたちごめん)今でもあの馬たちは忘れられません。でもあれから勉強して経験して、今だったらなんてことなく直せたのにって思います。

能力の高いレイニングホースほど複数で乗り回すといい結果は出ないかな。

心情的にはせっかく来たんだからなるべくたくさん出したいって思うし、1頭を複数で走行させたいけど、どの走行もみんな全開(メンタルもフィジカルも)で行くと馬にとったらとてつもないプレッシャー。

私だったらどれか一つの走行に標準を合わせて、その前の走行はリラックスをテーマに、とか、ダメな個所を直すテーマ、とか(スクーリング)してこれならいける!と思ったら本番でGO。本番でまたかかり気味だったら、その後の走行でまたスクーリング…などという流れを作って馬にとってこの場はテンパる場所じゃないって教え込みます。

会場でも、昨日立ち寄ったクラブでも調整する側の方とお話ししましたが、お客さんに安全で満足してもらうように馬を持っていくには地道なプログラムを重ねていってやっと実現できるんだけど、途中で崩れると一からやり直しで出来上がりがどんどん先延ばしになるということ。

クラブ馬じゃやっぱり厳しいですよね〜(苦笑)で終わったけど。なかなか理想と現実はうまく行かないものです。

そもそも本当は速く走ることが興奮することではないはずです。ギャロップで走ろうとも、馬と人が平常心でいるなら普段通りのことができるわけで、とどのつまりは人間がどれだけ冷静に対応できるかが大きいかな(ケースに寄るから絶対ともいえないけど)

長くなったけど、近日中にそのあたりはちょうど記事にするつもりでした。私が感動した2001のUSET、Kim Horn(Bill Hornの奥さん)のめちゃくちゃ速いけど人馬とも平常心の動画付きで。
投稿者:M.N
ステージパパさま

大会中はお世話になりました。
秋にまたお会いできたら嬉しいです^^
奥様にも宜しくお伝えくださいませ。

yu-koさん
大会、お疲れ様でした、
来週行けたらビデオ、持っていきまーす。

記事のこと
今回のことがきっかけとなり、ウエスタンが更なる発展となるよう、陰ながら応援しております。
投稿者:フルーリーファンの嫁
yu-koさん、おつかれさまでした。

今回のご心配、よく分かります。
足元も悪かったりして、余計に見ていて
ヒヤヒヤする場面がありましたね。競技も
人馬共に無事でなければ意味がありません
し、皆さん決して自分の乗り馬に無理を
させたい訳じゃないと思う。ただ、そこは
やっぱり素人の参加者は特に、いざ本場に
なると普段とは違う空気に人も馬も一緒に
なってテンパっちゃう可能性は大きいです
よね。「基本的なこと」って意外と知らず
に乗っていることが自分も含め多いと思い
ます。そこを教えてもらえる機会があれば、
また安全にもつながると思います。
私はレイニングが好きですが、ストップや
派手な印象があるからではなく(もちろん
カッコいいし、醍醐味でもありますが)
やっぱり以前にジャッジの方がおしゃって
いたように「いかに馬が、自らすすんで
楽しんで演技をしているように見えるか」と
いうところを目指して乗りたいと考えます。
その為には、もっと勉強しないとダメですね。色々と考えさせられる競技会で、参加
できてよかったです。
投稿者:yu-ko
>ローラさん
こんなダメ出しの記事書くのもどうかと思ったんですけど…

個人としての意見だったら、「よそはよそのやり方があるんだから、余計な口出しはしない」けど、ウエスタン業界として一括りで周りから評価されることを意識してしまいます。

でもそれは「そんな馬は出てくるな」という意味じゃなくて(私だって似たような経験あるし)それを次回までに良くして行く、良くする方法を勉強する。もしくは勉強会を開くんでもいいと思います。なんかしらの対応をしないと次回もそのまま、か、もっとひどくなります。

例えば全乗協の「巡回指導」という講習会を利用すれば、そういう勉強会が出費も抑えて開けます。これは指導者対象だからお客さんの目がない分、やりやすいと思うし私の昨年の講習では、指導者だけに教えられるちょっとした裏ワザ的な話もできます。

プライドが邪魔して「教わりたくない!」て思うのも分かる。だから講習会じゃなくて勉強会として、他のクラブ同士が集まりディスカッションする場ができるといいし、そういう空気が生まれるようにしたいです。
投稿者:yu-ko
>ステージパパ
久しぶりのステージ。肢の方もマインドの方も結構いい状態で走行できたんじゃないかと思いました。すべて終わったころはさすがにちょっと肢に来てたようですね。

WWから出た3頭は、みんな予想以上の出来だったと満足しています。

アテンドと言っても、結局何もしてなかったですけど(苦笑)
しばしの間身体を休めてやって、今度は秋に出れるといいですね!
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ