ranchblog2

ウエストウインドランチのyu-koが綴るウマ日誌part2

 

プロフィール

      馬との理想的な信頼関係を求めて・・・ウエスタンホースマンシップを模索中

QRコード

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yu-ko
>ローラさん
そういえば!ブラナマンのデモ、いっときうちの2歳馬を〜〜と言ってたけれどあれ以来話はないので、きっとどこかで調達できたんだと思います。ってことで、私も一般ギャラリーとして視聴に行きたいのですが、当日券が頼みの綱。あとは子供たちを連れた状態になるかも知れなくて、行ってもちゃんと見れるかどうかもちょっと不安(汗)
投稿者:ローラ
なんでも流行り廃りはあるとは思いますが、原点に帰れば、インディアンの野生馬を慣らすテクが今でも有効であったりするのですから、人と馬の関わり方の本質を見失わなければ何も問題ないと思います。おっしゃる通り、何が一番大切なのかを見極めることですよね。同感です。
ブラナマン氏のデモンストレーション、観たいです・・・。また、留守番かなあ・・・。

http://cowboy-up-ranch.jp
投稿者:yu-ko
>ローラさん
私はそんなに新馬の経験がないので毎回探りながらの勉強ですが、思うところに落ちてくれると楽しいし愛おしくなりますね。

確かに、理想や方法、ツールなんかもどんどん変わっていくので、時代に付いて行けるよう情報アンテナは張っておきたいですが、人馬の能力もあるので、迷った時は「30年遅れていようが問題なく乗れることが第一!」と切り替えてやり過ごしてます(苦笑)何が一番大切なのかだけは見失いたくないですものね♪
投稿者:ローラ
新馬調教、ワクワクしますね!
馬が、頑張って学習してくれる過程が、私も大好きです。本当に、やり方や道具も変わるし、何よりヨシとするもの自体が変わってきてますね。フチュリティの、歴代のチャンピオンの映像をこの前見ててつくづくそう思いました。
蹄、解明してよかったですね!!
うちも、だんなと、馬のビッコほど気分の悪い(滅入る)ことはない、とよく話してます。

http://cowboy-up-ranch.jp
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ