ranchblog2

ウエストウインドランチのyu-koが綴るウマ日誌part2

 

プロフィール

      馬との理想的な信頼関係を求めて・・・ウエスタンホースマンシップを模索中

QRコード

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yu-ko
>Megさん
今回の旅で1番最初に乗った時(ブレント・ネイラーの馬をご本人留守のためシュマーザルが出してくれた)、いつも通り気楽な感じで跨った瞬間が激震でした!自分の感覚MAXに上げました(笑)シュマーザルは「数日出てないから張ってるよ」と言ったけどそれだけじゃなかった。反応が良すぎて今までで1番キレッキレで、地に足がついてない感じ。リニアモーターカーみたいな?フワフワした感じ。すごいショックでした。

それ以降の馬は全て拍車を外して乗ったくらいです(情けない)
投稿者:Meg
耳が痛いお話です・・・
手綱持ちすぎ、脚使いすぎ、ストップでのハミ当たり・・・・
yu−koさんでもそうなんですか・・・
さすがワールドクラス・・・
良い勉強ですね・・・
私は、まだまだ下の下ですが・・・
良いイメージが、頭に残りました、私もガンバリマス(笑)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ