当ブログの運営者は工藤英勝です 近代仏教史家で、とくに近代仏教と東アジアとの関係論に関心があります このブログではとくに朝鮮と日本宗教にかかわる問題とくに植民地布教についての資料とデータを提供いたします 大きな歴史認識や歴史解釈ではなく、諸事象と人間がどう動いていたのかを解析していきたいと思います 資料やデータにかかわる具体的なお尋ねには回答いたします

2018/12/15  22:00

差別discriminationは良心の麻酔薬  差別と人権

差別discriminationは、なぜ危険なのか?


先日の投稿「差別discriminationは、処罰されるべきか」では、差別を一律に処罰の対象とすることは、差別という性質上慎重であるべきだと主張しました

そうならば、私は差別に対してかなり寛容なのかという印象になりますが、そうでもないのです

差別行為とその思想や価値観を、他の刑事事件とまったく同様に摘発し処罰すればいいという意見には、国家権力による思想管理を正当化するという観点から、私は反対です

しかしながら、私はどんな小さな差別も、等閑視したり放置すべきではないと思います

なぜならば、差別discrimination行為とその思想や価値観は、人を人でない存在にして、排斥rejectionや暴行violenceや絶滅genocideを容易に実行する良心の麻酔薬のような作用をもっています

あの数百万人とも伝えられているホロコーストholocaustも、対象者を「生きていて無意味で有害な存在」に差別・格下げしたことによる必然的な帰結です。人間の尊厳性を否定したら、いとも簡単に人を殺せてしまうのです

良心があったら、どのような人であれ、暴行し殺害することに抵抗するでしょう。しかし、一旦差別心に麻痺した精神は、天文学的な数の人の殺戮をいとも簡単にやってのけます

差別は集団殺戮や暴力の前提となるのでから、注意を払い、その芽を摘んでおかないと、あの悪夢が夢でなく、現実となること必定です

差別discriminationは、意識化されなければなりません

0
タグ: 差別 麻痺 絶滅




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ