当ブログの運営者は工藤英勝です 近代仏教史家で、とくに近代仏教と東アジアとの関係論に関心があります このブログではとくに朝鮮と日本宗教にかかわる問題とくに植民地布教についての資料とデータを提供いたします 大きな歴史認識や歴史解釈ではなく、諸事象と人間がどう動いていたのかを解析していきたいと思います 資料やデータにかかわる具体的なお尋ねには回答いたします

2018/12/30  23:00

答えより問題が重要だ!  ショートコラム 歴史と人間

答えより問題が重要だ


問題を解決することよりも
問題を見いだすことしたがって問題を提起することの方が
肝心なのである


             アンリ・ベルグソン「思想と動くもの」から


 たしか鷲田清一先生の「折々のことば」でも取り上げられていた名言ですが、これを読んだ時、わが意を得たりとうなづいたことでした
 世の中、なんでもイージー路線、やさしければ何でもいいという風潮の中、学問する人も安易で小手先の解決策だけを追うようになっています。学生も問いを学ぶ「学問」ではなく、「学答」をせっせと情報収集することで過ごしています
 問いの提起は、従来の既成の枠組みでは見過ごされてきたまたは無視されてきた問題をあらためて発見するという営みなのですから、よほど思索が透徹していないとできないことです
 一生かかっても解決できないような大きく深い問題をもつことができるのかどうかが、それぞれに問われているのだと思います

 自分の生き方を教えてください とか 幸せになる方法を教えてください
こんな問いは、問いとは言えないのです。問いに対してすぐ「いいね!」や親切な答えが返ってくるなんていうのは甘えの極地ということです

自戒を込めて・・・
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ