当ブログの運営者は工藤英勝です 近代仏教史家で、とくに近代仏教と東アジアとの関係論に関心があります このブログではとくに朝鮮と日本宗教にかかわる問題とくに植民地布教についての資料とデータを提供いたします 大きな歴史認識や歴史解釈ではなく、諸事象と人間がどう動いていたのかを解析していきたいと思います 資料やデータにかかわる具体的なお尋ねには回答いたします

2018/12/1  8:00

倒錯と錯覚  余禄 エッセイ

倒錯と錯覚


変わることを
変わらないものと思いこみ

変わらないことを
変えようと空回りする




人はことばという文化をもって、社会的な人間となり、ことばが作り出す世界を現実と思いこんでいます

神、貨幣、国家そして生命そのものすら、ことばによる虚構です

虚構の織り成す世界を離れて、人間は生を営むことはできませんが、所詮は虚構なのだということを、肝に銘じておくにしくはありません

倒錯と錯覚の破綻した裂け目から、真実は開顕されます
0
タグ: 言語 虚構




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ