当ブログの運営者は工藤英勝です 近代仏教史家で、とくに近代仏教と東アジアとの関係論に関心があります このブログではとくに朝鮮と日本宗教にかかわる問題とくに植民地布教についての資料とデータを提供いたします 大きな歴史認識や歴史解釈ではなく、諸事象と人間がどう動いていたのかを解析していきたいと思います 資料やデータにかかわる具体的なお尋ねには回答いたします

2018/11/28  5:00

人権思想の本当の起源とは?  差別と人権

人権(human rights)思想の起源に関する定説考

人権(human rights)という独立した概念の初出ははっきりしない

あまたの辞書や概論書などが、イギリスの思想家・ジョン・ロックJohn Lockeの『統治二論』Two Treatises of Government 1690を、近代人権思想のはじまりとしているが、この定説は覆るか少なくとも修正が必要もしれない

「人権(human rights)」という社会的概念が登場した歴史は、一般の予想に反して、さほどは長くはない

定説では、ヴァージニア権利章典 Virginia Bill of Rights 1776とされるが、原文に「第1条 全ての人は生まれながらにして等しく自由で独立しており、一定の生来の権利を有している。それらの権利は、人々が社会のある状態に加わったときに、いかなる盟約によっても、人々の子孫に与えないでおいたり、彼らから奪うことはできない That all men are by nature equally free and independent, and have certain inherent rights, of which, when they enter into a state of society, they cannot, by any compact, deprive or divest their posterity」とあるだけで、必ずしも人権(human rights)という単語が概念として確立されていたのではない

さらには、前記のヴァージニア権利章典やアメリカ独立宣言 United States Declaration of Independence 1776 や有名なフランス人権宣言(人〈男〉と市民の権利の宣言 Declaration des Droits de l'Homme et du Citoyen 1789)および、これらに核心的な影響を与えたとされるジョン・ロック John Locke の『統治二論』Two Treatises of Government 1690 にも単に「人(男)の・・・権利」とあるのみであって、独立した人権(human rights)という概念はこの時期には存在しなかった。とするならば、従来の人権思想の教科書の定説はその積極的根拠を失うことになる


人権(human rights)なる用語が独立した概念として登場したのは、世界人権宣言 Universal Declaration of Human Rights 1948 以降である

人権とは現在 human rights の訳語として定着はしているが、その厳密な起源は1948年以上にさかのぼることはない

以上の新たな知見からすれば、従来の人権(human rights)思想の淵源やその展開についての定説を再考する必要が生じるし、さらに人権(human rights)が人類史に比してこれほど浅い歴史しかもっていないということになれば、その正当性や不可侵性という原理についてもあらためて再解釈しなければならなくなる

人権思想は これほどまでに 現在でも不確定なのである
んな状態でよくも「自明な、人類普遍の不可侵の権利」などと暢気でいられようか!

さらに、従来はいわゆる人権の教科書にはほとんど採り上げられなかったある書籍がある意味、重要な人権(human rights)のルーツとなりうることも仮説として提示したい(以前の論攷ですでに発表)


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ