おもしろ倶楽部 蜉蝣風信

昭和24年生まれ・ブルーマックスの断片クロニクル。少年の頃日、まさか21世紀に生きるとは思い描けぬまま半世紀が過ぎた。趣味道楽を日々の糧としてこの人生を細々と全うしたい

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

RSS取り込み1

RSS取り込み2

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:かげろう
再び〜(^^) おはようッス!
後で画像を載せますが、池田湖火山の灰とその上の黒土との境目辺りはまだら模様が素敵ですよ。
発掘調査はどの年代の地層に何が有るか?残ってるかを確認すること。
上から畑や野原などの表土を先ずは削り掘り下げて行きます。場所によって過去の年代の地層が露出してる地域も多く、特に開墾した畑地や隆起したか大きく崩れた場所では土器片や鏃や石器などが散乱します。大隅半島もアチコチで見られるはずですね。
投稿者:birei
こんばんは。お忙しい中ご返事ありがとうございます。試掘調査とはいえ7〜8千年前の地層に会えるなんて凄いです!!どんな状態なのだろう?どんな色なのだろう?と興味は尽きません。
我が家の畑でも土器の欠片が出てきたりします。いろいろ思いを馳せると楽しいですね。素敵なお仕事、頑張って下さい。
お教え頂きありがとうございました。
投稿者:かげろう
こんばんは、birei さん。レスが遅れてしまいました〜すみません〜m(_ _)m お久し振り〜コメ有難うございます〜

さて私が現在、携わってる仕事は試掘調査です。本格的な発掘前の前段階、恐らくは来年春以降に正式な発掘開始でしょう。場所は今は吾平の久保田牧、その前は名主原で、来月中旬には同じ吾平の猫塚遺跡に移ります。
確か、同じく吾平のすぐ近くの川上地区で今は大々的に本格的な発掘調査が行われてます。土日祭日と月末を除き、現場事務所にお訪ねすればご案内してくれるかと思います。そちらの方が宜しいかも〜(^^)
まぁ、重要な遺跡だと県の埋蔵文化財センターが認定すれば大規模な発掘調査の現地公開があるとは思います。
投稿者:birei
いつも楽しく拝見させて頂いております。本日は質問なのですが、たずさっていらっしゃる発掘、見学可能なのでしょうか?ワクワクするお仕事ですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ