2018/9/17

BMW E46 アイドリングコントロールバルブ清掃断念  BMW E46

アイドリング不整脈と低回転ボコつきという絶賛エンジン不調中の「MY BMW E46」

エアフロ交換で直らなかったので、今度はアイドリングコントロールバルブを清掃してみることにしました。

エアフロやエルボパイプや隔壁やエアコンフィルター受け皿をはずします。
ここまでは過去経験済みなのでサクサク進みました。

クリックすると元のサイズで表示します

次にDISAバルブ(写真中央上)をはずします。ここから未知のゾーンに突入です。
クリックすると元のサイズで表示します

なぜかT40のトルクスがナメ気味で、手持ちのL字レンチではトルクがかからず、はずすことができません。

クリックすると元のサイズで表示します

慌ててアストロに行き、ソケットを購入。
クリックすると元のサイズで表示します

無事DISAバルブをはずすことができました。
クリックすると元のサイズで表示します

DISAバルブが装着されていた穴がガソリン臭いのですが、これは正常なのでしょうか
クリックすると元のサイズで表示します

ここまで来たら、目指すアイドルコントロールバルブは、T40トルクス2本と10mmナットをはずして、ホースバンドを緩めれば、はずすことが可能です。

T40とナットは簡単にはずせましたが、ホースバンド(写真右下)がどうやっても工具がかからない狭い場所で悪戦苦闘
クリックすると元のサイズで表示します

結局、腰が痛くなったため、アイドリングコントロールバルブをはずすことを断念しました。

パームラチェットがあれば、ホースバンドにアクセス可能なのかなと悩んでいる今日この頃です。。。


◆↓応援クリック募集中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
タグ: BMW E46 Mスポーツ



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ