2019/11/10

鹿児島・宮崎キャンプツーリングレポート最終回  ツーレポ2019,2011,2008九州縦断

3日目 R1.11.4(月)天気 
 
神川キャンプ場〜鹿屋〜串間〜都井岬〜日南海岸〜山口 
*走行距離620km
クリックすると元のサイズで表示します

神川キャンプ場は国道269号沿いにある。
そのため、車の音が夜中でも響き渡る。

しかし、車の音をかき消してしまうくらいの風が吹いていた。
一旦眠りに落ちたものの、深夜2時、あまりの風で目が覚める。
テントが飛ぶ恐怖を感じ、ロープで補強した。

強烈な風は、副産物をもたらした。
そう、桜島の灰を運んできたのだ。
朝露を拭いたタオルは灰で真っ黒だった。

<早朝の神川キャンプ場>
クリックすると元のサイズで表示します

気を取り直し、7:40出発。
そのまま北上し国分ICから高速に乗り帰路に着くつもりだったが、桜島の噴煙が見えた瞬間、火山灰を浴びたくない一身で、宮崎方面に舵を切った。

<桜島の噴煙>
クリックすると元のサイズで表示します

県道73を東に向かい、華麗に鹿屋市街地をスルーする。
県道539から国道448に入り、志布志街道を東に進む。

午前10時都井岬に到着。

ここに来るのは3回目だ。
今回も馬に会うことはなかった。

200円払い灯台に上がる。
そこには360度の絶景が広がっていた。
都井岬は灯台に上がらないと意味がないと思う。

<駐車場から見た海>
クリックすると元のサイズで表示します

<都井岬灯台>
クリックすると元のサイズで表示します

<灯台からの風景>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<都井岬へ向かう道での一こま>
クリックすると元のサイズで表示します

都井岬の後は、国道448を北上し、日南海岸を目指す。
しかし、国道448は道路崩壊に付き全面通行止めだった。
看板どおり迂回する。
これで明るいうちの帰宅は断念することとなった。

「ひたすらアクセルを開ける。陽光がまぶしい」はずの日南フェニックスロード(TMP57)を味わうことができないまま、やっと448号に合流。国道220号に入る。

鵜戸神社は時間がないのでパスし、旧道の道の駅フェニックスに着いた。
ここは、お気に入りの南国気分満載の道の駅だ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しばらくぼぉ〜としたかったが、既に時計の針は12時を回った。
ここから自宅までは約500km。

後ろ髪を引かれる思いで出発。
宮崎ICから高速に乗った。

後は淡々と走るだけ。
吸盤式タンクバッグの吸盤が風圧に負けてとれるというハプニングがあったが、
何とか脱落せずにすんだ。

えびのPAで「誰も知らないカジバラプトール1000」とえびのループの写真を撮った。

クリックすると元のサイズで表示します

後は、風圧と腰痛と渋滞と日没と戦うだけ。
鳥栖JCT前後の渋滞、太宰府〜福岡の渋滞をしのいだものの門司で暗くなる。

九州東部南部乗り放題プランを適用させるためには、門司ICで一旦出なくてはいけない。

すぐに門司から高速に入りなおし、午後7時半疲労困憊で自宅に到着。

今回も無事故、無違反、ノートラブルでいい旅が出来た。
また、どこかに出かけようと思う。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

<完>

◆↓応援クリック募集中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ