2008/9/7  21:27

はじまりは「アメリカン・グラフィティ」  ライフスタイル

1962年の北カリフォルニアの地方都市を舞台に、翌日には大学入学のため東部へ旅立つ若者の姿を描いた「American Graffti アメリカン・グラフィティ」(1973年、監督ジョージ・ルーカス)。

テレビで初めて見たこの映画は、僕にとってすべてが衝撃的だった。

スティーブが着ていたギンガムチェックのボタンダウンにコットンパンツ、茶色のペニーローファー
DJウルフマン・ジャックが紹介するロックンロールのリズム
ローラースケートを履いたウエートレスが接客するダイナー……

洒落っ気が出始めた中学生の当時、メンズクラブやポパイに載っていたアイビーファッションに興味を持ち始め、兄が聴いていたキャロルやクールスを通じてロックンロールが好きになった。

だから「アメリカン・グラフィティ」は僕の好きなものが全部詰まった「宝物箱」のようだった。

あれから25年以上の時が過ぎた。髪の毛は薄くなり、身体もたるんだ(顔が大きく、脚が短いのは昔から)。まだまだ仕事中心の生活だが、最近、自分自身の価値観や嗜好性に影響を与えたファッションや音楽などについて改めて考え、思いをまとめたいと思い始めた。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2008/9/6  10:22

投稿者:TRAD

shiroさん、こんにちは。
この映画は素晴らしいですね。私にも衝撃的でした。

ご存知かもしれませんが、大阪のユニバーサルスタジオ・ジャパンには、この映画でお馴染みのメルズドライブインがありますね。私はきんちゃんのブログで知り、3年ほど前に行きましたがそれはもうご機嫌でしたよ。shiroさんも、機会があればぜひ立ち寄りくださいね。「レッツ・ゴー・トゥー・ザ・ホップ♪」などと、踊りだしたくなりますよ。

http://www1.ocn.ne.jp/~haseba/

2008/1/20  20:54

投稿者:shiro

>きんちゃんさん
こちらこそ昨年はお世話になりました。
四国は社会人2年目から3年間生活した懐かしい土地です。鳴門のつりではビギナーズラックで鯛が釣り上げ、上司に悔しがられたことを思い出します。その後はボラばかりですが(笑)
これからもよろしくお付き合いください。

2008/1/20  19:55

投稿者:きんちゃん

こんばんは。
東京ではお世話になりました。
そしてブログの開設おめでとうございます。今後、楽しみにしております。
アメリカン・グラフィティ、映画を見たのは大学一年の時だったと記憶してます。ブログにも2回ほど書いた事がありますが、小生もやはり影響を受けた一人です。TRADさん同様、DVDは新たに購入しました。

当時の日記です
http://plaza.rakuten.co.jp/kin1109/diary/200702100000/

http://plaza.rakuten.co.jp/kin1109/

2008/1/20  3:22

投稿者:shiro

>MR・Hさん
さっそくお立ち寄りありがとうございます。
また、いつも御心遣い本当に感謝しております。
オールディーズを積極的に取り上げていきますので、また是非寄ってください。



http://diary.jp.aol.com/applet/3tgzrdqnr7fj/

2008/1/20  0:42

投稿者:MR・H

shiroさん、こんばんは!この胸のときめきを〜〜開設おめでとうございます。また先日は遠路、お疲れ様でした。はじまりは、心はアイビー少年ですね!これからもどうぞよろしくお願いいたします。さっそくリンクさせていただきますね!

http://countryman.cocolog-nifty.com/american_trad_club/

2008/1/19  12:39

投稿者:shiro

>アメトラ雅さん
先日はお疲れ様でした。私自身も背中を押された感じがしてブログを立ち上げてしまいました。職業柄書き込む内容は慎重にしないといけないと思っていますが、どうか宜しくお付き合いください。

>HITOMIさん
穂積先生のパーティーではご挨拶できず失礼致しました。加山雄三かっこよかったです。今後ともよろしくお願いします。

http://diary.jp.aol.com/3tgzrdqnr7fj/

2008/1/19  6:26

投稿者:HITOMI

初めまして,TRADさんのBBSから参りましたHITOMIと申します。
ブログ立ち上げ,おめでとうございます。

「アメリカン・グラフィティ」 
私も大好きな映画です。レンタルビデオで見ていましたが,やはり私もDVDを買ってしまいました。クルマ・音楽・ファッション,GAL,私の好きな物がこの中に全部詰まっていました。
vespaを買ったのも,オールディズを聞くようになったのも,IVYを始めたのもこの映画への憧れがあったからです(あのナンパはマネしませんでしたが)。

娘に譲った黄色のビートルを時々借りて乗るんですが,スタジャンを着てロックンロールのカセット(これが渋い)をかけると,気分はもう「アメリカン・グラフィティ」です。

これからも,よろしくお願いします。




2008/1/19  4:24

投稿者:アメトラ雅

shiroさん
ブログ立上、早速拝見しました。
昨年取材の折には早々に失礼させていただきましたが、先日郡山で再会の折にはしっかり名前も覚えてくださってましたね。嬉しい限りです。
再会のきっかけが悲しい出来事でしたが、小生背中を押されているような気がして、あちこち書き込みはじめてます。
単身赴任をいいことに、PCの環境も杜撰にしてました。追々整備、整理に勤しみたいと思っております。
さてトラッド仲間でしばしば話題となるこの映画ですが、当時全くアイビー、トラッドに無縁だったことから、拝見してなかったりします。(苦笑)
いずれは復習すべき題材ですね。
因みにギンガムチェックのシャツはしっかり持ってます。自慢にならないかな?(笑)
というわけでこれからもよろしくお願いいたします。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ