2008/9/7  21:32

憧れのサドルシューズ  ライフスタイル

クリックすると元のサイズで表示します

 憧れのアイビーアイテムは沢山ありました。財布と相談しつつ、ワードローブを増やしていったものです。スーツやジャケット、ドレスパンツなどは社会人になって買い揃えたものの、急激に太ってしまった時期もあり、ほとんど処分することを余儀なくされました。

 アイビーおじさんの姉妹店、昨年閉店したボタンダウンクラブ新橋店でよく購入した「Chipp」のスーツも残念なことに箪笥に一着もありません。そのためだけでもないのですが、実は最近着ているスーツの多くは正統派のアイビーやトラッドではありません(浮気してごめんなさい)。

 「就職活動のため新宿の伊勢屋(ISEYA)で買ったスーツ残しておけばよかったなあ」とか「ボートハウスのトレーナーどこいっちゃたの?」「ブラックウオッチのパンツ、ウエスト79センチじゃはいらないよなあ」などと、時々後悔します。

 若い時に余裕があれば購入したいと思っていて、結局手に入れていないアイテムの一つがサドルシューズです。ロックンロールが流行った1950年代の香りがするアイテムでもあり、ポニーテールにパラシュートスカートの女の子がはいている姿はとてもキュートです。以前はリーガルの売り場で必ず扱われていたのですが、最近は八重洲のシューズバーでたまに目にするぐらいです。
 
 昨年2月。ぶらぼ〜鈴木さんに初めてお会いした時、茶とオフホワイトのコンビのサドルシューズで決めた足元にまず視線がいったのを思い出します。

MISSING YOU(Ray Peterson)



TELL LAURA I LOVE HER (Ray Peterson)
0



2008/2/10  21:17

投稿者:shiro

>アメトラ雅さん
こんばんは。
東京は昨日の雪がほとんど消えました。新潟の雪はいかがですか。
さて、サドルシューズ。やっぱり茶色ですよね。
年間を通じてそんなにはかないであろう靴に2万円弱の出費を家族が許してくれるか、ちょっと厳しいのが現実です。

2008/2/10  1:40

投稿者:アメトラ雅

shiroさん。こんばんは。
本日は昼に終了し、新潟の自宅へ舞い戻りました。「都内でも降雪」の予報を聞き、最悪は足止めかな?と思い、足早に新幹線で戻りました。夜遅くからは当地でも雪降り始めてます。
ところで小生も一時期T型スーツが絶滅してました。勿論トラ松さんに会う前ですが。定番のネイビーブルー、チャコールグレーであれば文句を言う人も皆無であり、徐々に箪笥の中入れ替えました。
資金は「へそくり」を「やりくり」でしたね。今や箪笥の中は礼服を除き、T型とニューポートで占められてます。10年は掛かりましたが。(笑)
ぶらぼ〜さんはいつもサドルのイメージがありましたが、それ以外にも・・・涎が滴れます。サイズが合えば口説き落としたものもあったと思います。
先日東京のシューズバーでサドル見つけました。茶でサイズが合えば「即決」でしたが、残念!!つま先への曲線は今時見られないいい感じでした。
身の丈でぼちぼちやって行きたいですね。尤も作り手が理解しているかが問題です。
アイビーとは行かないまでも、トラッドなサラリーマンへの回帰は楽しみにしています。ご同輩と呼べる仲間は欲しいです。

http://blog.goo.ne.jp/americantraditionalmasa

2008/2/9  3:52

投稿者:shiro

>TRADさん
こんばんは。新潟の伝説のオフ会でもそうでしたか。
ネクタイ幅のこだわりなど、ぶらぼ〜鈴木さんはちょっと忘れかけたアイビーのツボを僕らに教えくれました。

2008/2/8  19:37

投稿者:TRAD

shiroさん、こんばんは。
サドルシューズでしたら、私も十代の頃からずっと大好きです。そういえば、ぶらぼ〜鈴木さんと初対面をむかえた新潟で、私たちもあのサドルシューズには強烈な印象を受けました。同じ日に初対面を果たしたなかさんなどは、新潟の街でリーガルの店を見つけるやいなや、サドルシューズを購入していたのを今でもはっきりと覚えています。ぶらぼ〜鈴木さんのサドルシューズを履いたスタイルが、あまりにも格好よかったからに違いありません。

http://www1.ocn.ne.jp/~haseba/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ