2008/1/19  1:20

1962年の夏、あなたはどこにいましたか  ライフスタイル

 映画「アメリカン・グラフィティ」が1973年に初公開された当時のキャッチフレーズ。

「1962年の夏、あなたはどこにいましたか」

 62年はケネディ(JFK)大統領も健在で、米国が物質的な豊かさを謳歌した時代(影の部分では強い黒人差別が残っていた時代)であった。その後わずか11年。公民権運動が高まり、ベトナム戦争は泥沼化。ドラッグの蔓延など米国社会は混乱と混迷の度合いを深めていった。

 ウオーターゲート事件の波紋が広がった73年。米国民は「希望に満ち溢れていたアメリカ」へのノスタルジーをこの映画に感じたのだろう。

 もちろん僕自身は62年はまだ生まれていない。日本公開の74年でも小学校低学年で、当時の時代状況を理解しているわけでもない。

American Graffitiオリジナル劇場予告編
0



2008/1/19  12:46

投稿者:shiro

>TRADさん
早速コメントありがとうございます。
まさか自分でブログを立ち上げるとは思っていなかったのですが、なぜか背中を押されているようで……。GRAFFITIとつけたように、落書き帳のように好き勝手で、気まぐれなブログになると思いますが、よろしくお願いします。

2008/1/19  10:18

投稿者:TRAD

ブログのスタートおめでとうございます。
shiroさんもこの映画に衝撃をうけられていたのですね。私は公開当時には高校生でしたから、もうすっかりアイビーファッションにはまっていました。
今でも時折り見たくなるこの映画は、私もDVDを購入して大切に持っています。古き良きアメリカのカッコよさが詰まっていて、私にとっても大好きな映画であります。

http://www1.ocn.ne.jp/~haseba/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ