2008/10/20  21:08

カフェオレはどこへ…サマーホリデー  ブログは難しい

クリックすると元のサイズで表示します

 もう3連休が終わろうとしてます。年明けからのんびり過ごしてしまったツケから、そろそろ猛烈に忙しくなりそうな今日このごろです。

 時期はずれですが、昨年7月にパリに行ってきました。まとめて1週間の夏休みが取れたのは久しぶりで、かみさんのたっての希望から安いパックツアーに参加しました。欧州は新婚旅行(1993年)のウイーン以来。まったくパリに興味はなかったのですが、行ってみると街全部が美術館といった感じの素晴らしさでした。

 しかし、ユーロが強いため、物価はメチャ高。カフェで軽い食事をしても2人で4000円を超えるし、買い物もする気になれませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
 そのカフェですが、パリのコーヒーといえば「カフェオレ」かと思っていたら、どこのカフェのメニューにもカフェオレはありませんでした。フランス語を勉強しているかみさんが、ギャルソン(ウエーター)に「カフェオレください」と注文すると、カフェオレらしきものが出てきました。それはメニューには「カフェクレーム」と載っているものらしく、持ち手のないカフェオレボウルではなく、普通のカップに入ってきました。

 なぜ!?

SUMMER HOLIDAY(Cliff Richard )
 
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ