2008/9/7  21:36

for the young−at−heart…ダッフルコート  ライフスタイル

 昨夜は後輩の送別会でした。一緒に机を並べたメンバーがそろい食事しました。
 風が強い日で、何を着ていこうかと悩んだ末、タンスからダッフルコートを取り出しました。袖を通すのは今シーズン初。それもたぶん3年ぶりです。

 ダッフルコートは北欧の漁師たちが着たのが始まり。英国海軍が第二次世界大戦で制服として採用しました。ダッフルとはベルギーにある生地の産地名。大型のフードがついた直線的なデザイン、ボタンではなくフォーン(角)かトッグル(留め木)を紐にひっかっけるのが、このコートの特徴です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 厚手のウール素材で、一枚仕立てながら暖かい。大戦後、放出品として出回ったコートに、バンカラで実用的なアイビーリーガーが飛びついたようです。

 昨日着たダッフルコートとの付き合いはかれこれ25年。高校2年の正月。地元のトラッドショップの福袋で手に入れた「Kent」ブランドのものです。色はネイビーで、ちょっとごわごわした粗めのメルトンウールのもの。福袋に入っていたのは、裏地にちょっと破れがあるためだったようですが、着るには全く問題なく、飛び上がって喜びました。

 四半世紀も元気でいてくれて、さらに一生付き合えそうな「可愛い」コートです。ダッフルは若々しいイメージがありますが、初老の紳士が羽織っているのを以前見たかけて、なんと格好良いのかと感心した思い出があります。僕もあと15年くらいしたら味のある着こなしができるんじゃないかと期待してます。

YOU BELONG TO ME(The Duprees 1962年)



See the pyramids around the Nile
Watch the sun rise
From the tropic isle
Just remember darling
All the while
You belong to me
See the market place
In old Algiers
Send me photographs and souvenirs
Just remember
When a dream appears
You belong to me

And I'll be so alone without you
Maybe you'll be lonesome too

Fly the ocean
In a silver plane
See the jungle
When it's wet with rain
Just remember till
You're home again
You belong to me

Oh I'll be so alone without you
Maybe you'll be lonesome too

Fly the ocean
In a silver plane
See the jungle
When it's wet with rain
Just remember till
You're home again
You belong to me
0



2008/3/2  19:00

投稿者:shiro

>アメトラ雅さん
こちらこそ、お久しぶりです。
ダッフルコート。
アイビー&トラッドらしい柄ってありますが、裏地のブラックウォッチっていうのがうらやましい。


2008/3/2  8:10

投稿者:アメトラ雅

shiroさん、お久しぶりです。
幣ブログにも「ごめんなさいin札幌」の内容で書かせていただきましたが、ダッフルコート登場します。
昨年春分の日にぶらぼ〜鈴木さんから譲りうけたネイビーでメルトンウールのダッフルが、小生宝物です。PAYTONPLACE製でポケットにフラップがあるやや異端派ですが、裏地はブラックウォッチでこれが良い風情を醸しだしてます。独特の重さは耐寒性充分でmade in Englandです。
「これさ(俺には)少し大きいんだよな。アメトラ(雅)着てごらん。悔しいけどぴったりじゃん。」独特の言い回しと気遣いでぶらぼ〜さんからせしめて来ました。
でもあの時ぶらぼ〜鈴木さんは自分に残された時間を知っていたのです。ダッフルのエピソードを小生が話すとき、涙が乾くまではまだ時間が必要みたいです。
重たいコメントで申し訳有りませんが、語らずに居れません。
shiroさんのダッフル姿、15年と言わず今でもお似合いだと思います。トラッドはスピリッツを効かせるのが一番。生意気ですみませんが、小生のポリシーです。

http://blog.goo.ne.jp/americantraditionalmasa


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ