2008/9/7  21:28

男は後姿で魅せる  ライフスタイル

クリックすると元のサイズで表示します

 映画「アメリカン・グラフィティ」の生徒会長・スティーブが着ていた半そでのボタンダウンシャツ。さわやかな水色のギンガムチェックで、エリの後ろにもボタンがあるタイプでした。元祖ブルックルブラザーズの「ポロカラーシャツ」はエリの先だけですが、JプレスやVANのボタンダウンには後ろにボタンがあります。

 私流に解釈すれば、アイビーファッションは「後ろ姿(背中)で魅せる」おしゃれだと思います。その象徴が「尾錠(バックストラップ)」。米国を発祥としつつ独自の発展を遂げた日本のアイビーを物語るディティールです。

 尾錠はサスペンダーを使っていた時代や、大き目のウエストを調節した昔のパンツの名残り。ただ、写真集「TAKE IVY」などで米国の学生が尾錠つきのパンツをはいている写真を見たことがありません。この辺は詳しくわからないのですが、細身のアイビーパンツに尾錠をつけたことが、その後何十年も我々「アイビー少年」を虜にしてきたのは紛れもない事実です。
 
 ハーバードの白いOXボタンダウンの上に「for the young and the young−at−heart」の水色のトレーナー。尾錠付きのコットンパンツをはいた足元はリーガルではなくアメリカ屋靴店の茶色のローファー。頭にはボートハウスの湘南帽……
 
 高校1年の頃、一番おしゃれした時のスタイルでした。ボートハウスの星条旗をあしらった半そでトレーナーと、これしか持っていなかったのですから(笑)


GOODNIGHT,WELL IT’S TIME TO GO(The Spaniels 1954年)





Good night, sweethearts
It's time to go now
Arrivederci, tally-ho, au revoir, adio
You've been so wonderful, I don't wish to go
But this completes my show
Bonsoir, chérie, Je vous partir
Bonsoir, chérie, Je vous partir
Je vous aime, beaucoup chérie
Bonsoir, chérie, bonsoir
Be strong, Pierre, hang on chérie
Avec plaisir, as you know
It's been beautiful, it's been mellow
That is why I don't want to go, oh no!
Good night, sweetheart, I got to go now
Time won't permit me to play no more now
But I'll be back to do another show now
So good night, so long, bye, bye

These lyrics were found at ActioNext.com.
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ