2009/5/12  23:16

色の魔術師  ライフスタイル

ファッションに目覚めた頃、トラッドをベースにしたニューヨーク派のデザイナーが注目されていました。

もちろんその筆頭がラルフローレンですが、ほかにセザラニやジェフリー・バンクスといったデザイナーがメンズクラブでよく紹介されていました。

なぜか特に印象に残っていたのがアレキサンダー・ジュリアン。

その名も「色の魔術師」。サマーツイードにカラフルな色を差し込んだジャケットなどに斬新さを感じたものでした。

今はまったくトラッドと関係ないTAKA−Qが扱っており、1時間ほど電車に揺られた町に新店をオープンした際に、地元テレビに流れた「トウキョウ・シンジュク・タカキュー」というコマーシャルに心引かれたものでした。
(TAKA−Qはその後、ジャスコと提携、業績低迷が続いています。いまでもアレキサンダー・ジュリアンのブランドライセンスを持っているようですが)
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ