2008/9/7  21:29

そして僕はアイビーの洗礼を受けた  ライフスタイル

クリックすると元のサイズで表示します


 アイビーに出会ったのは中学2年、1980年のころ。近所の本屋で雑誌「ホットドッグ・プレス」(講談社)を見つけたのがきっかけだったと思います。

 当時はプレッピーのブームがあり、アイビーファッションが若者雑誌で積極的に取り上げられていました。折りしも1980年は倒産したヴァンヂャケット(VAN)が、労働組合のメンバーを中心に新会社を設立して復活した年でもあります。

 もちろん中学生ですから雑誌に載っているアイビーのマストアイテムを買えるわけでもなく、しばらくは憧ればかりで悶々とする日々(別の意味でも?)が続きました。

 「メンズクラブ」(婦人画報社=アシェット婦人画報)を読み始めたのは高校受験を間近に控えた中学3年の秋。放課後、隣のクラスの前を通ると野球部で一緒だった3人組みがコソコソ何かを読んでいる。

 「俺にもエ●本見せてよ」

というような言葉を発しながら近づくと、読んでいたのはエ●本ではなくメンズクラブ。本屋でホットドッグ・プレスやポパイ(平凡出版=マガジンハウス)の横に並んでいたので誌名は知っていましたが、それまで大人が読むファッション誌だと思って手に取ることはありませんでした。

 ところがドッコイ、ページをめくっていくとこれがすごい。まさにバイブル!。「街のアイビーリーガース」などの企画、ジャッキー中島さんや田中カールさんの着こなしに釘付け。結果、僕はメンクラに出会って「正統派(オーセンティック)アイビー」の洗礼を受けることになりました。(続く)


 今日はシモネタが入って失礼しました。それでは大好きな一曲を。

RUNAROUND SUE(Dion 1961年)


Here's my story, sad but true
It's about a girl that I once knew
She took my love then ran around
With every single guy in town
Ah, I should have known it from the very start
This girl will leave me with a broken heart
Now listen people what I'm telling you
A-keep away from-a Runaround Sue

I miss her lips and the smile on her face
The touch of her hair and this girl's warm embrace
So if you don't wanna cry like I do
A-keep away from-a Runaround Sue

Ah, she likes to travel around
She'll love you but she'll put you down
Now people let me put you wise
Sue goes out with other guys
Here's the moral and the story from the guy who knows
I fell in love and my love still grows
Ask any fool that she ever knew, they'll say
Keep away from-a Runaround Sue

She likes to travel around
She'll love you but she'll put you down
Now people let me put you wise
Sue goes out with other guys
Here's the moral and the story from the guy who knows
I fell in love and my love still grows
Ask any fool that she ever knew, they'll say
Keep away from-a Runaround Sue

0



2008/1/27  22:17

投稿者:shiro

>HITOMIさん
こんばんは。
HDPやポパイにはハマトラでレイヤードカットの女子大生がたくさん登場していました。僕も田舎から上京して大学に入る前は、かわいい女の子のいるサークルに入って、おそろいのスタジャンが着たいと思っていました。けれど入学してみると、同級生のみんなが軟派に見え、ノー天気な雰囲気になじめませんでした。


2008/1/27  17:31

投稿者:HITOMI

>Hot-Dog Press
私は大学生でしたが,やはりメンクラとpopeyeと並行して読んでいました。当時はプレッピー・スタイルが大流行で,IVYの着くずしを楽しんでました。構内もハマトラの女子大生が一杯。ラコステのポロシャツに水色のトレーナー,巻きスカート,ハイソックスにローファーでしたね。もちろんバッグはキタムラ。
私は,もっぱらチェックのBDにホワイトジーンズ,スニーカーでした。

そうだ,HDPには毎年8月ごろに必ずちょっと「H」な特集が組まれましたね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ