更新情報  投稿記事など

Blogはほぼ毎週更新しています!
スマホで写真を拡大してご覧になる場合は、画面最下部で PC  VIEW に切り替えてください。「スマ-トフォン版」のままでは、写真を拡大できません。


13
タグ: 野鳥 トンボ 自然

2020/6/27

トンボ池のトンボ(市原市)  トンボ

市原トンボ池の会6月定例会。久々の定例会参加。観察路の草刈り、イノシシにより壊された木道修理などの作業を8名の会員で実施。高温多湿の中泥だらけの作業であった。
トンボは、モノサシトンボ、オオシオカラトンボ、マユタテアカネ、ハラビロトンボ、
ハグロトンボ、など
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

植物は、クサレダマ、葉緑素のないツチアケビなど。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/6/21

部分日食(市原市)  その他

夏至の日食は江戸時代初期以来とのこと。時折雲がかかったが部分日食を観察することができた。下部からかけ始め、月が左上に抜けるという日食であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/6/21

森の生き物(市原市内)  野鳥

市原南部の森に、夏鳥とトンボの観察に出かけた。夏鳥も子育てシーズン。サンコウチョウ、キビタキ、オオルリ、センダイムシクイの声を聴く。なかなか姿を見せてくれなかったが、センダイムシクイの群れが近くにやってきた。親子のようだ。幼鳥を連れての移動していたようだ。オオルリの短い節の優しい声。メスの声と姿を確認することができた。
池の中には、もうすぐ陸に上がるであろうトウキョウサンショウウオが。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
トンボはモノサシトンボ、クロスジギンヤンマ、オオイトトンボなど。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/6/14

コアジサシ(千葉市)  野鳥

コアジサシの繁殖保護地域に観察に出かけた。検見川浜の限られた地域。周辺では、釣りやマリンレジャーにいそしむ人で賑わい、保護地域のすぐ横ではビーチバレーも。数は、350を超えているという。保護されてはいるが窮屈そう。一帯はコアジサシの声で賑やか。保護地域に近づくと、ヒナがいるせいか、人への攻撃が絶えない。
こうした繁殖環境を提供しないと存続できないのかと唖然とする。コアジサシにとって繁殖しやすい環境がもっとあちこちにあればいいのだが。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


翌週(6月20日の様子)あちこちでヒナを観察
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/6/7

清流のトンボ(大多喜町他)  トンボ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
清流のトンボの中で一番好きなアオサナエ。それを探しに大多喜町に出かけた。緊急事態宣言が解除された影響だろうか、川辺に集まる家族連れが多い。待ちに待ってのアウトドアといったところだろうか?カジカガエルやウグイの群れを観察しながら川岸を歩くがアオサナエはなかなか見つけられなかったが、川面を高速に移動するコヤマトンボをのんびり眺めていた時、目の前の石にやってきた。緑色が美しい。すぐに飛び立ってしまい、残念ながらその後観察はできなかった。それでもホンサナエも確認できた。その後里山の湿地に移動。そこでは多くのモートンイトトンボ、キイトトンボを観察することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/6/5

幻想的な舞(市原市内)  その他昆虫

ストロベリームーンの夜、市内のホタル生息場所にでかけた。70-100のゲンジボタルが舞う幻想的な光景を久しぶりに目にすることができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/5/31

高原の野鳥(長野県山梨県)  野鳥

高原に出かけ、夏鳥を観察。おなじみのノビタキ、ホオアカ、カッコウ、に加えビンズイ、モズ、など観察。ツツドリ、ホトトギス、ジュウイチの声も。コルリ、オオルリ、キビタキも林道で出会った。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/5/24

夏鳥とトンボ(市原市内)  野鳥

市原市内里山を探索。夏鳥のオオルリ、キビタキ、サンコウチョウに出会えた。トンボは、小川でダビドサナエ、ヤマサナエ、ニホンカワトンボを観察。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/5/17

里山のトンボ(市原市内)  トンボ

好天の日曜日、人との接触がないように里山でトンボを探した。ヤンマでは、池でクロスジギンヤンマ、湿地でサラサヤンマを見つけたが素早すぎて写真撮影はできなかった。川辺ではヤマサナエ、ニホンカワトンボ、池では、オオイトトンボの羽化やクロイトトンボ、湿地ではモートンイトトンボ、ハラビロトンボ、シオヤトンボ。シオカラトンボも増えてきているようだ。多くの種類のトンボを見つけることができたが、季節が少し早いように感ずる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/5/15

林道を歩く(山梨県)  野鳥

出勤前の早朝、太良峠方面の林道を歩いた。野鳥の声が賑やか。オオルリ、キビタキ、クロツグミ、センダイムシクイ、ツツドリ、サンショウクイ等の夏鳥やホオジロ、ヒガラ、アカゲラなどの声を堪能。スミレはすっかり終わっていたが、アケボノスミレとミヤマツボスミレを発見。その他イカリソウ、チゴユリ。湿度が低かったせいか、遠く富士山、白根三山を眺望できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/5/10

外房の鳥(千葉県内)  野鳥

接触がないよう外房に鳥見に出かけた。
河口では、まだいるのかクロガモが砂浜でくつろいでいた。キョウジョシギ、キアシシキ、コチドリ、メダイチドリを見つけた。砂浜では、ハマヒルガオの群落。海のかなたでは漁船にオオミズナギドリが群れていた。残念ながらコアジサシには出会えなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/5/6

里山のトンボ(市原市)  その他昆虫

市原市内の谷津田を歩いてトンボを探した。
休耕田では、ハラビロトンボを観察。湿地では、ホソミオツネントンボ、水辺ではクロスジギンヤンマ、シオヤトンボ、ニホンカワトンボ、シオカラトンボを見つけることができた。残念ながらヤマサナエは見つけることができなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/5/5

渡る野鳥(市原市内)  野鳥

COVID-19の影響で、GWも自粛。全く接触がないように近所の水田と谷津田に野鳥を探しに出かけた。
近所の水田は、すっかり田植えが終わり、例年観察できるチュウシャクシギやキアシシギを観察することができた。この時期のキアシシギの足は、その名の通り鮮やかな黄色になる。チュウシャクシギの朗らかな「ピピピピ・・」の声が、響き渡った。しばらく休んだ後、北に向かって移動していく。チュウシャクシギ10羽、キアシシギ12羽を確認。
キジもあちこちでオスが鳴いていた。キジの声はのどかさを感じさせてくれる クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
その後いくつか谷津田を回って、サシバを探した。千葉では今年初認である。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
その他、谷津田の奥では、センダイムシクイ、キビタキ、オオルリそしてなんとクロツグミの囀りを聞くことができた。クロツグミは多分、私にとって千葉県では初めてだと思う。

ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/4/26

早朝の干潟(木更津市)  野鳥

濃厚接触を避けるため早朝に干潟に出かけた。ちょうど満潮から潮が引く時間帯。干潟から横浜越しに遠く富士山を見ることができたが、肝心の野鳥がいない。更に潮が引くのを待っていると、上空からチュウシャクシギの声。7羽の群れが飛翔していた。残念ながら干潟には降りず飛んで行ってしまった。そのうち30羽ほどの群れがやって来た。干潟に降りて確認するとメダイチドリ、ハマシギ、トウネンであった。可愛らしい姿を見ることができた。近くの水田では、コチドリも。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ