更新情報  投稿記事など

Blogはほぼ毎週更新しています!
スマホで写真を拡大してご覧になる場合は、画面最下部で PC  VIEW に切り替えてください。「スマ-トフォン版」のままでは、写真を拡大できません。


14
タグ: 野鳥 トンボ 自然

2021/4/11

越冬トンボ(山梨県)  トンボ

スミレや春の野草観察の際に、越冬昆虫を見つけた。日本では越冬するトンボは3種類とされているが、そのうちの2種類を見つけることができた。その名も、オツネントンボ。もう1種類はホソミオツネントンボ。どちらにも「オツネン」がついている。冬の間、草むらの中などでじっと動かず越冬するタフなトンボだ。ホソミオツネンは褐色の体を美しい青に変え繁殖に備えていた。チョウは越冬したテングチョウ。羽が越冬で傷んだようだ。今春羽化したミヤマセセリも観察することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2021/4/11

スミレ咲く2021(2)山梨県  野草

今年も山梨県内スミレ探し。今回は北杜方面。桜が1週間早いということだったが、案の定スミレも早かった。ゲンジスミレは間に合ったが、イブキスミレはピークを過ぎているようだった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2021/4/3

モモ、モモ、モモ(山梨)  野草

甲府盆地はこの時期モモのピンクで染まる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2021/3/27

スミレ咲く2021(市原市内)  野草

今年は花が早い。桜と同時期に咲くスミレの仲間も見ごろだ。市原市内で咲くスミレをいくつか尋ねた。
スミレというとタチツボスミレ。日当たりの良い場所ではどこにでも咲いているという感じ。スミレの名を持つスミレはタチツボスミレほど見られなくなった。それでも今年もしっかり咲いてくれた。マキノスミレも市原市で唯一と思われる生息場所で確認できた。今年はいくつも花をつけた株を見ることができた。生息場所が限られるアカネスミレ、ニオイタチツボスミレも観察できた。その他ニリンソウ、ヤマルリソウなど。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2021/3/20

武田神社の野鳥(甲府市)  野鳥

早朝、武田神社の森を歩いた。桜は2分咲きといったところか。例年より早い。上空では、盛んに「グワーー」の声、アオサギだ。よく見ると、木々に営巣している。例年実施される巣の取り壊しにもめげず、繁殖しているようだ。神社周囲の土手を歩くと、モミジなどの新芽に。多くの野鳥が集まっていた。シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラのほかアトリなども。神社裏の発掘調査地域では、北に向かう途中であろうかツグミの群れ、顔が黒い夏羽になったカシラダカに出会った。そして甲高く「フィー、フィー」の声。アオゲラも観察できた。池からは、カワサミの鳴きかわしも聞こえた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




ぶらぶら自然散歩!!
2

2021/3/14

カタクリ咲き始め(千葉市)  野草

千葉市の公園に出かけた。カタクリが咲き始めていた。日当たりの良いところでは、アマナ、キクザキイチゲ、トウダイグサ、ウラシマソウ、タチツボスミレが咲いていた。これから本格的な花の季節の成りそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2021/3/7

我が家の庭に集う野鳥(市原市内)  野鳥

庭に巣箱をかけているが、ヤマガラが興味を持ち出し、時折巣箱を覗いている。中にも入るが巣材を加えてはいない。孔をしきりにつついており。入口が狭いのか、微調整しているのか?孔径27oで製作したので問題ないとは思うが、中の広さや配置も含め気に入ってくれるかどうか?
庭には、シジュウカラ、カワラヒワ、メジロも頻繁にやって来る。散り際の梅に止まったり、芝生に降りたりしている。♂のジョウビタキもやって来たがヤマガラに追い出されたとのこと(妻観察)。ツグミも来たとのこと(同)。この季節庭を眺めても飽きることはない。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 



ぶらぶら自然散歩!!
3

2021/2/27

眺望抜群(甲府市郊外)  旅行・トレッキング・高山植物

元職場後輩2名と甲府市郊外市川三郷町の「蛾ケ岳」(ひるがたけ)に登った。標高はそれほどでもないが、眺望抜群ということで四尾連湖に車を止め、1時間半ほどで標高差350mほどを登った。途中緩やかなアップダウンの尾根であったが、最後は急登。それでも、待っていたのは抜群の眺望。甲府盆地を眼下に望み、その向こうに八ヶ岳、金峰山。西を見ると、北岳などの南アルプス。南を見ると大きな富士山。素晴らしい眺めで会った。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
野鳥は、ヒガラ、コガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、コゲラ、アオゲラ、ツグミ、トラツグミ、キクイタダキ



ぶらぶら自然散歩!!
1

2021/2/21

今年もヒレンジャク(市原市内)  野鳥

今年も房総丘陵にヒレンジャクが来訪しているという情報を入手し、トンボ池の帰りに自分のフィールドに出かけてみた。ヤドリギのある木をいくつか回り、数羽の群れを発見することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
それにしても花粉がひどい。早々に退散した。




ぶらぶら自然散歩!!
4

2021/2/21

春近し(市原市内)  両性・はちゅう類

気温上昇花粉飛散大の中、市原市内の里山に出かけた。
トウキョウサンショウウオの産卵が遅れていたが、林内の小さな水溜りに1対見つけることができた。大池では、早くもニホンアカガエルの幼生(おたまじゃくし)を見ることができた。日当たりの良い斜面では、越冬したホソミオツネントンボを見ることができた。またタチツボスミレが咲いていた。上空にはノスリが舞った。花粉は案の定すごく、クシャミ、鼻水が止まらなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2021/2/13

ひっそりと咲くスハマソウ(千葉県内)  野草

千葉県で絶滅が危惧されるスハマソウの生息地に4年ぶりにでかけた。20年ほど前から観察しているが、盗掘で数を減らし、数年前は大株がごっそり持ち去られていた。心無いヒトの仕業。株があるのか不安で出かけたが、以前の生息場所は皆無。周辺を探したところ、なんとか白い花を見つけることができた。葉の三つ葉が特徴。主に日本海側に生息するミスミソウと似たような花だ。数を減らしながらも寒さに耐え、可憐に咲くスハマソウ。愛着がわく花だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2021/2/11

セツブンソウ(山梨県内)  野草

春一番に咲く花と知られているセツブンソウ。群落があるということで千葉への帰省がてら寄った。甲府から30分程度。民家の裏庭一面に可憐な白い花が広がっていた。
通常は花弁が5枚だが、6枚、7枚のものを見つけることができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2021/2/7

海辺の野鳥(木更津市他)  野鳥

新型コロナの影響で探鳥会が中止になった盤州干潟に出かけた。前浜ではオオジュリンが飛び交ったいた。干潟は若潮の満潮であり、葦原近くまで潮が満ちていたが、間近にハマシギ、シロチドリを観察することができた。ズグロカモメ2羽も現れ、カニを取っていた。遠浅の干潟には、ダイサギの小群も現れた。残念ながら富士山をはっきりとは観察できなかった。別な場所で、ダイゼン、アメリカヒドリを観察。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2021/1/31

我が家の庭にヤマガラ(市原市内)  野鳥

緊急事態宣言下、遠出もできず、自宅で野鳥を楽しむのも一興。拙宅の庭の梅の木に、ペットボトルを使ったエサ台を置き、ヒマワリの種を入れ、野鳥を観察する。
以前から行っているが、いつもはシジュウカラだが今年初めて2羽のヤマガラがやってきた。シジュウカラも2羽でやってきたが、ヤマガラがエサ台をほぼ占拠し、シジュウカラを寄せ付けない。ヤマガラは頻繁にエサ台から種を運び、ドウダンツツジの木で両足を上手く使って食べるだけでなく、貯食する行動も見られた。だから種の減り方は尋常ではない。500㎖のペットボトル1/3の種が20分もするとなくなってしまった。シジュウカラはエサ台から零れ落ちた種及びヤマガラが貯食したと思われる種をせっせと探しては食べていた。ヤマガラ強し!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ