更新情報  投稿記事など

Blogはほぼ毎週更新しています!
スマホで写真を拡大してご覧になる場合は、画面最下部で PC  VIEW に切り替えてください。「スマ-トフォン版」のままでは、写真を拡大できません。


13
タグ: 野鳥 トンボ 自然

2019/7/13

梅雨の高原(長野県入笠山)  旅行・トレッキング・高山植物

天候不良が毎週末続いたが雨のない土曜日であったため、入笠山に出向いた。甲府から1時間。ゴンドラに乗り、そこから湿原を抜け登ること40分の入笠山頂上(1955m)にたどり着いた。湿原は、ヒオウギアヤメ、ヤマオダマキが咲き乱れ、入笠山斜面ではニッコウキスゲ、クリンソウが咲いていた。花咲き乱れる時期は、もう少し先のようだがそれなりに美しかった。
野鳥は、ビンズイ、ノジコ、ホトトギス、ミゾサザイ、アカハラ、ウグイス、メジロなど。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2019/7/1

投稿記事:アサギマダラ  投稿記事など

投稿記事
市原市のミニコミ誌「シティライフ」に投稿:2019年6月
クリックすると元のサイズで表示します
掲載許可をいただいています。



ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/6/22

擬態の蛾とトンボ(市原市内)  トンボ

市原トンボ池の会定例会に参加。通路整備や池の外来藻の駆除を行った。曇り空であったが、トンボもいくつか観察できたが、木の葉そっくりに擬態する蛾のアケビコノハの成虫を観察できた。止まっている姿は木の葉にしか見えないがよく見ると触角や目がわかる。少し触れて飛ばすと後翅がオレンジ色の目玉模様でまさに蛾であった。身を守るすべなのだろうが不思議な生き物がいるもんだ。図鑑で見ると幼虫はもっとすごいことになってる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
トンボは、モノサシトンボの羽化直後と成虫、オオアオイトトンボ、マユタテアカネなど
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/6/9

子育てで忙しい鳥たち(市原市・木更津市)  野鳥

雨の合間を縫って近所で鳥見
公園ではツミが子育てか、カラスを激しく威嚇していた。オスは凛としていた。水田地帯では、オオヨシキリが盛んにさえずり、セイタカシギの親子の姿も。セイタカシギの中に、亜種オーストラリアセイタカシギが混じっていた。カルガモの親子の姿も。野鳥は今子育て真っ最中。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
2

2019/6/2

干潟観察会(木更津市)  活動

日本野鳥の会千葉県、小櫃川河口干潟探鳥会。幹事として出席。合計16名参加。大潮で干潮が10時ということもあり、干潟では野鳥が観察できなかったが、葦原では、オオヨシキリ、セッカ、ホオジロ、ヒバリが鳴いていた。カニや魚の幼魚の観察が中心であったが勉強になる1日であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示しますセッカ
なお 先月(5月)19日に開催された同じ小櫃川河口干潟クリーン作戦も掲載。
木更津市民中心に240名ほどが参加。干潟のごみを回収し、アサリの味噌汁を堪能した。
ハマヒルガオが綺麗だった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2019/5/31

小学校の野鳥観察教室(市原市)  活動

市原市内の小学校の総合学習:野鳥観察教室のお手伝い。スコープ・双眼鏡による観察、さえずりのききなしなど行った。小学校3,4年生16名を対象。地区の里山を鳥を探しながら歩いた。
先ずは校舎に巣づくりしているツバメの観察。ヒナをスコープで覗き「可愛い、可愛い」。ツバメを例に夏鳥を解説し、渡ってくる意味を考えてもらった。里山ではウグイスの囀り、谷渡りをきいたり、オオヨシキリを見つけて、さえずりや口の中の色などを観察と子供たちも興味を持って取り組んでくれた。キジの番の出現もあり、何故メスは地味なんだろうなども考えてもらった。オオヨシキリのさえずりで聞きなしを子供たちに作ってもらったが、「みんなで、遊ぼう」といった感受性豊かな回答があった。上空をカラスとバトルするサシバも観察することができ、充実した観察会であった。学校に戻ってきてからは、ツバメの餌を運ぶ間隔から、1日に必要な虫の量や子育て中に必要な虫の量などを、掛け算を使ってみんなで推測もした。
最後は給食を取りながらの質疑応答と、私たちにとっても充実した時間であった。
クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2019/5/15

奄美の夜の観察  その他

奄美は生き物の宝庫。夜の観察も充実。夜は、なんといってもアマミノクロウサギと、アマミヤマシギ、リュウキュウコノハズク。コノハズクは様々なところから聞こえたが、残念ながら姿は見れず。クロウサギは林道に沿いで何個体か見ることができた。可愛らしかった。奄美は、両生類と爬虫類の島。ハブは観察できなかったが、アカマタやヒメハブ、イシカワガエル、オットンガエル、ハナサキガエルなど固有の生物に会うことができた。オカヤドカリ、サソリモドキといった不思議な生き物にも出会えた。奄美の夜はエキサイティング過ぎる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
2

2019/5/15

スミレ咲く6(奄美大島)  野草

奄美大島では、湯湾岳頂上付近でヤクシマスミレに出会う。住用川渓流にアマミスミレを探索に出かけたが残念ながら花は見つけられず。葉と思しきものを発見。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
2

2019/5/15

奄美大島のトンボ  トンボ

奄美大島のトンボ。時期的にやや早かったのか、ハネナガチョウトンボやアマミルリモントンボは観察できなかった。それでも、本州では見れないトンボを観察することができた。今度は少し時期をずらして行ってみたい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
本州でも見られるトンボでは、オオシオカラトンボ、アオモンイトトンボ、
(タイワン)
ショウジョウトンボ、(タイワン)シオカラトンボ、ギンヤンマ、クロスジギンヤンマ(南限)が見られた。

ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/5/15

奄美大島の野鳥  野鳥

多くの奄美、琉球の固有種、亜種に出会えた。
アカヒゲは、成鳥も幼鳥も間近で観察できた。ルリカケスは様々な場所で声を聴いたがなかなか姿を見せてもらえなかった。タイミング良く出てきたところを撮影。ズアカアオバトも警戒心が強い。オオトラツグミは、姿こそ確認できなかったが、マミジロに似た鳴き交わしを早朝聞くことができた。リュウキュウアカショウビンは様々な場所で鳴いていたが姿は見れなかった。リュウキュウサンコウチョウは、数は少なくこれからのようだ。夜は、アマミヤマシギ、リュウキュウコノハズクを確認できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
渡り途中の、ハチクマ、アマサギ、ウズラシギ、タカブシギも観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
本州でも見れる野鳥も、ここでは少し黒目。オーストンヤマガラ、コゲラ、ヒヨドリなど
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
その他、シロハラクイナ(声)、リュウキュウツバメ、カワセミ、オシドリ親子など。



ぶらぶら自然散歩!!
3

2019/5/15


日光の仲間と奄美大島に観察旅行。民宿をベースに長期滞在者に短期滞在者が、合流するという仕組み。延べ10名の参加であった。私は5月11日から15日まで4泊5日で合流した。14日昼に梅雨入りに伴う大雨があったが、それ以外は安定した天気であった。飛行機は成田往復のバニラエア。格安で行けた。野鳥やトンボ、カエルなどは後日アップ予定。先ずは風景など。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 


ぶらぶら自然散歩!!
2

2019/5/6

遅咲きの桜(長野県白馬他)  旅行・トレッキング・高山植物

白馬方面の雪山をバックの桜
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/5/6

スミレ咲く 5(長野県白馬他)  野草

スミレを探しに10連休後半、大町、白馬方面に出かけた。ミヤマナガハシスミレ、スミレサイシン、オオタチツボスミレ、オオバキスミレなどの日本海側特有のスミレやゲンジスミレ、チシオスミレ(サクラスミレ)、ヒトツバエゾスミレ、マキノスミレ、ヒナスミレなど観察。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
その他、ヒカゲスミレ、マルバスミレ、ニョイスミレなど



ぶらぶら自然散歩!!
0

2019/5/6

甲信の夏鳥(山梨・長野)  野鳥

10連休の後半を山梨、長野で過ごした。さえずりが美しいこの季節、多くの野鳥に出会えた。写真は、ゴジュウカラ、オオルリ、サンショウクイ、キビタキ、カワガラス、オオアカゲラ。オオアカゲラは昆虫の大きな幼虫を見つけ食べていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
その他、センダイムシクイ、エゾムシクイ、アオゲラ、アカゲラ、アカハラ、カラ類など

ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ