2012/3/31

まだまだ冬、最果ての地(根室)  野鳥

年度末、一人で釧路・根室に野鳥観察に出かけた。釧路から車で霧多布を通り、根室へ。根室で1日観察し、釧路に戻り、釧路近辺で観察し、帰路につく2泊3日のコース。釧路空港に降り立つと、未だ銀世界、梅咲く千葉から冬に逆戻り。初日の根室への移動では、厚岸でカキを食べ、霧多布でオオワシ若鳥に出会い、根室の春国岱では、タンチョウヅル、オオハクチョウに出合った。また、多くのカモやカモメが流氷の合間を泳いでいた。湿原や原野は雪に覆われ、小鳥はほとんど観察できなかった。まだまだ、厳冬という感じだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (カキ丼)            (霧多布岬)    (霧多布湿原)       (オオワシ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(タンチョウとオオハクチョウ:春国岱)(ウミアイサ:エビを捕獲)(ホオジロガモ♂)(春国岱夕日)
2日目の根室では、ガイドのTさんに案内していただき、海鳥を探しに漁港をめぐったが流氷が港に入り込んでいる影響もあり(この季節としては珍しいとのこと)身近での観察はできなかった。それでも、根室漁港では、沖にオジロワシ、ケイマフリ、コオリガモ、クロガモ、ホオジロガモなどを観察できた。花咲漁港や、納沙布岬近くの漁港では、クロガモやシノリガモ、ワシカモメを身近に観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(オジロワシ)        (ケイマフリ)       (ワシカモメ)      (流氷覆う納沙布岬)
納沙布岬では、流氷のはるか先にウミバト、ケイマフリ、ウトウの群れを観察できた。アザラシも時折海面に頭を出していた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(クロガモ♂)         (クロガモ♀       (シノリガモ♂)    (シノリガモ♀)
Tさんらが管理している根室市民の森では、きれいな野鳥観察小屋(ハイド)からミヤマカケス、ハシブトガラ、ゴジュウカラなどを観察できた。ミヤマカケスは本州のカケスより明るい色合いだ。保護活動もしっかりされているようだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ミヤマカケス)      (ハシブトガラ)   (野鳥観察小屋:ハイド)
最終日の釧路では、風雪が強く、観察どころではなかったが糖路湖では、ヒシクイを観察できた。通念なら氷が解け、渡りの途中の一休みというところだが、今年は、ほとんど結氷していて降りるところがなくて困っているという感じだった。鶴居ではタンチョウ35に混じってオオハクチョウ65を観察できた。
湿原が雪で覆われ、餌を求めて、タンチョウの給餌場に集まったようだとレンジャーが語っていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ヒシクイ) (タンチョウツルとオオハクチョウ:鶴居)(タンチョウツル)  (アカゲラ)

季節ごとに顔Wがあり、その土地にそれぞれ生態系がある。土地の環境、そこに生息する生物など
興味は尽きない。今後も、様々な環境を勉強しに日本国内をあちこち回りたい。また、そこに住む
人とも交流を図りたい。
哺乳類は以下。エゾシカが多すぎ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(エゾシカ)        (キタキツネ)       (エゾヤチネズミ)



ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ