2012/6/24

ザリガニが悩みの種(市原市内)  活動

市原トンボ池の会定例会。草刈りとアメリカザリガニ駆除を実施。釣具店からカニ捕獲用の網を購入し、仕掛けた。捕獲したアメリカザリガニは、合計約100匹。凄まじい数だ。トンボや水生生物に悪影響を及ぼす外来種と言うことで駆除しているが、これほど多いとは・・・。駆除しきれないのが現状だ。なんとかしなくてはならない。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ザリガニ)          (ザリガニ)         (ミクリ)
とは言え、ザリガニが侵入しない小さな池ではトウキョウサンショウウオが育ち、もうすぐ陸上にあがりそうだし、池の周りでは、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、コシアキトンボ、クロスジギンヤンマ、ノシメトンボ、モノサシトンボなども見られた。上空では羽がボロボロのサシバが舞った。仕掛けた巣箱では、シジュウカラが子育て中。池の周りでは、様々な生物が生息している。ザリガニ対策をすれば、より豊かな生態系になると期待している。今後も課題だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(トウキョウサンショウウオ) (サシバ)      (シジュウカラ)   (オオシオカラトンボ)
他の谷津では、ミドリシジミやウラナミアカシジミ、アキアカネも観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (ミドリシジミ♂)     (ミドリシジミ♀)   (ウラナミアカシジミ) (アキアカネ)



ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ