2012/10/28

ハヤブサの食事(市原市内)  野鳥

ハヤブサの成鳥を本日もいつもの場所で確認したが、ハヤブサがいない間、鉄塔の下を覗いてみた。10月6日のブログで食事の様子を紹介したが、実際にどういう状況か覗いたが、予想通りに残骸が散らばっていた。レース鳩の足(足輪からレース鳩とわかった)。2種類の足輪を発見した。また、コガモと思われる緑色の光沢の翼鏡や胸毛。野鳥の骨も転がっていた。面白いところではザリガニの頭。この鉄塔にはカラスもよく止まるため、ハヤブサの仕業ではないと思われるが・・・。それにしても、凄まじい光景だ。まさに生態系の頂点に立っているという感じだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します       
(ハヤブサ)      (レース鳩足と足輪a)  (レース鳩足と足輪a)  (血のついた羽)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (集めた羽)         (骨)          (ザリガニ)

ぶらぶら自然散歩!!
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ