2013/3/10

花粉の中での冬鳥探し(栃木県真岡市井頭公園)  野鳥

日光野鳥研究会3月定例会。栃木県井頭公園で開催。20名の参加。今日も20度を超える天気。花粉がすごい。早めに着いたので一人で散策。湿地で久しぶりにクイナを発見。すぐに草地に逃げ込んでしまった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (クイナ)       (観察会風景)      (シロハラ)        (シメ)
定例会では、林では、シロハラ、シメ、ビンズイ、キクイタダキやカラ類。数は少なかった。池では、カワセミ、マガモの群れの中に、トモエガモを発見。会員のIさんがエノキの根元で、オオムラサキの幼虫とゴマダラチョウの幼虫を発見。(背中の棘が4対がオオムラサキ,3対がゴマダラチョウ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (カワセミ)        (トモエガモ)    (オオムラサキ幼虫) (ゴマダラチョウ幼虫)
午後から天気が急変し、風が強く、スギ花粉が煙のように放出された様を目の当たりにした。涙が止まらない1日であったが楽しい1日であった。



ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ