2013/3/16

カワウのカウント(市原市山倉ダム)  野鳥

山倉ダムでカワウのカウントを行った。営巣状況の確認である。12月の調査に比べ、コロニーを形成している木々は糞でより白くなっている。カワウに加わり、アオサギも一緒にコロニーを形成している。カウント結果は以下のとおり
カワウ 320   営巣数 112(昨年とほぼ同数。営巣数が増えている)
幼鳥は孵ったばかりの幼鳥と少し成長した幼鳥が巣の所々で見れたが、抱卵しているような個体も見られた。アオサギ は105羽。交尾しているペアや枝を運んで巣作りをしている個体を見ることができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (カワウコロニー)     (カワウ)      (アオサギコロニー)   (巣材運び)
カモの数は大分減っている。ここ数日の気温の上昇で、北に渡っているものと思われる。貯水池では夏羽のカンムリカイツブリ、ハジロカイツブリなど観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(カンムリカイツブリ夏羽) (ハジロカイツブリ)   (カイツブリ)
その他、カワセミ、タヒバリ、オオバン、ヒドリガモ、コガモ、カルガモなど



ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ